Skip to main content

GitHub Copilot Individuals について

GitHub Copilot はオートコンプリート スタイルの候補を提示することでコーディングを支援します。 GitHub Copilot のしくみと、GitHub Copilot の使用時の考慮事項がわかります。

この機能を使用できるユーザーについて

GitHub Copilot Individual にサインアップするには、GitHub.com の個人用アカウントが必要です。 マネージド ユーザー アカウントで Copilot を使用するには、Copilot Business サブスクリプションまたは Copilot Enterprise サブスクリプションへのアクセス権が付与されている必要があります。 詳しくは、「GitHub Copilot について」を参照してください。

GitHub Copilot について

GitHub Copilot では、コーディング時にオートコンプリート スタイルの候補を提示する AI ペア プログラマーです。 使用するコードを書き始めるか、そのコードに何をさせたいかを自然言語のコメントで記述することで、GitHub Copilot から候補を取り入れることができます。 GitHub Copilot は、編集中のファイルや関連ファイルのコンテキストを分析し、テキスト エディター内から候補の提示を行います。 GitHub Copilot は、GitHub、OpenAI、Microsoft によって開発された生成 AI モデルを利用しています。

GitHub Copilot は、パブリック リポジトリに表示されるすべて言語でトレーニングされます。 各言語で、受け取る提案の品質は、その言語のトレーニング データの量と多様性によって異なります。 たとえば、JavaScript は、パブリック リポジトリで適切に表現されており、GitHub Copilot でサポートされている最適な言語の 1 つです。 パブリック リポジトリでの表現が少ない言語では、生成される候補の信頼性が低下する可能性があります。

GitHub Copilot は、Visual Studio Code、Visual Studio、Vim、Neovim、JetBrains の一連の IDE やAzure Data Studioで拡張機能として使えます。 Visual Studio Code、Visual Studio、Vim、Neovim、JetBrains で GitHub Copilot を使用する方法の詳細については、「Using GitHub Copilot code suggestions in your editor」を参照してください。 Azure Data Studio で GitHub Copilot を使用する方法の詳細については、Microsoft Learn の GitHub Copilot 拡張機能を参照してください。

Copilot Individual、Copilot Business、Copilot Enterprise の違いを理解する

Copilot IndividualCopilot BusinessCopilot Enterprise
価格1 か月あたりの 10 米国ドル
一年あたりの 100 米ドル
1 か月あたりのユーザーあたりの 19 米国ドル1 か月、1 ユーザーあたりの 39 米国ドル
GitHub アカウントの種類個人用アカウントOrganization または Enterprise アカウントGitHub Enterprise Cloud の Enterprise アカウント
Copilot Chat
GitHub Copilot in the CLI
コード スニペット コレクション (無効になっている場合を除く)
パブリック コードに一致する候補をブロックする
エディターに直接接続する
複数行の関数の候補を提案する
Organization 全体にわたるポリシー管理
指定したファイルを除外する
監査ログ
Copilot Chat in GitHub.com
Copilot pull request summaries

GitHub Copilot の使用

GitHub Copilot の動作する実際の例を確認することができます。 詳しくは、GitHub Copilot の Web サイトを参照してください。

GitHub Copilot からは、無数のオープン ソース コード行から OpenAI によって構築されたモデルからの提案が提供されます。 その結果、GitHub Copilot のトレーニング セットには、安全でないコーディング パターン、バグ、または古い API やイディオムへの参照が含まれている可能性があります。 GitHub Copilot がこのトレーニング データに基づいて候補を生成する場合、それらの候補にも望ましくないパターンが含まれる場合があります。

コードのセキュリティと品質を確保するのは、ご自分の責任です。 GitHub Copilot で生成されたコードを使うときは、自分自身で書いていないコードを使うときと同じ予防措置を講じることをお勧めします。 これらの予防措置には、厳密なテスト、IP スキャン、セキュリティの脆弱性の追跡などが含まれます。 GitHub には、GitHub Actions、Dependabot、CodeQL、code scanning など、コード品質を監視および改善できる多数の機能が用意されています。 これらの機能はすべて、パブリック リポジトリで自由に使用できます。 詳細については、「GitHub Actions を理解する」および「GitHub セキュリティ機能」を参照してください。

GitHub Copilot では、プロンプト内の不快な単語をブロックし、機密性の高いコンテキストにある候補を生成しないようにフィルターを使っています。 私たちは、GitHub Copilot によって生成された不快な候補 (偏った、差別的、または虐待的な出力など) をよりインテリジェントに検出して削除するため、フィルター システムを常に改善することに取り組んでいます。 GitHub Copilot によって生成された不快な候補が表示される場合は、安全対策を改善できるように、その候補を copilot-safety@github.com に直接報告してください。

GitHub Copilot の課金について

GitHub Copilot は有料機能であり、月単位または年単位のサブスクリプションが必要です。 GitHub Copilot サブスクリプションの支払いと管理は、Copilot Individual で GitHub.com の個人用アカウントから行うことも、GitHub Copilot Business または GitHub Copilot Enterprise のいずれかで GitHub Enterprise Cloud の Enterprise アカウントからまとめて行うこともできます。

確認が取れている学生、教師、および GitHub 上のオープン ソース プロジェクトのメンテナンス担当者は、Copilot Individual を無料で使うことができます。 無料の Copilot Individual サブスクリプションの条件を満たしている場合は、GitHub Copilot サブスクリプション ページにアクセスしたときに、自動的に通知されます。

詳しくは、「GitHub Copilot の課金について」を参照してください。

JetBrains IDE での GitHub Copilot プラグインのライセンスについて

GitHub, Inc. は、JetBrains プラグインのライセンサーです。 このプラグインのエンド ユーザー ライセンス契約は、GitHub 追加製品および機能の利用規約であり、このプラグインの使用はこれらの利用規約の対象となります。 JetBrains は、本プラグインまたはかかる契約に関連して、一切の責任または義務を負わないものとします。 プラグインを使うことにより、お客様は前述の利用規約に同意したものと見なされます。

GitHub Copilot Individual のプライバシーについて

GitHub Copilot Individual のための GitHub の データ コレクション、保持、および処理の詳細について説明します。

GitHub Copilot Individual は何を収集しますか?

GitHub Copilot Individual は、ファイルの内容と追加のデータに依存して動作します。 サービスを提供するためにデータを収集します。その一部は、さらに分析と製品の改善を行うために保存されます。 GitHub Copilot は、個々のユーザーに対して次のデータを処理します。

ユーザー エンゲージメント データ

GitHub Copilot を利用すると、GitHub Copilot との対話の際に生成されるイベントに関する使用情報を収集します。 これらのイベントには、提案が受け入れられたか却下されたなどのユーザー編集アクション、待機時間や機能エンゲージメントなどのメトリックを識別するためのエラーと一般的な使用状況データが含まれます。 この情報には、仮名識別子などの個人データが含まれる場合があります。

プロンプト

プロンプトは、コードのコレクションであり、GitHub Copilot が GitHub に送信して候補を生成するコンテキスト情報 (チャット インターフェイス経由で送信したデータを含む) をサポートしています。 コード エディターの GitHub Copilot は、設定でコード スニペット コレクションを無効にしていない限り、プロンプトを保持します。 GitHub Copilot in the CLI は、サービスを提供するためにプロンプトを保持します。

推奨事項

提案とは、プロンプトを受信して AI モデルで処理した後に GitHub Copilot から返されるコード、関数、またはその他の出力です。 コード エディターの GitHub Copilot は、設定でコード スニペット コレクションを無効にしていない限り、候補を保持します。 GitHub Copilot in the CLI は、サービスを提供するために候補を保持します。

GitHub Copilot Individual のデータはどのように使用され、共有されますか?

ユーザー エンゲージメント データ、プロンプト、および候補は、GitHub Copilot と関連のサービスを改善したり、製品や学術の調査を実施したりするために GitHub と Microsoft によって使用されます。

  • GitHub Copilot の強化: 収集されたデータは、ユーザーに価値があると思われる候補を処理したり予測したりするためのさまざまな戦略を評価することで、GitHub Copilot を改善するために利用されます。
  • 関連する開発者向けの製品とサービスの開発: データから得られた分析情報は、GitHub と Microsoft によって提供される他の開発者ツールとサービスの開発と改善に役立ちます。
  • 不正使用とポリシー違反の検出: データは、GitHub Copilot に関連する利用規定の誤用または違反の可能性を調査して特定するために調査されます。
  • 実験と調査の実施: データは、開発者と開発者ツールとサービスの利用に関連する実験や調査を実施するために使用されます。 これは、ユーザーの行動と好みに関する貴重な分析情報を得るのに役立ちます。
  • GitHub Copilot の評価: GitHub Copilot がユーザーに与える影響は、その肯定的な効果と利点を測定することによって評価されます。
  • コード生成モデルの改善: 収集されたデータは、コードの生成を担当する基になるモデルを調整して強化するために使用されます。 これは、肯定的と否定的の両方の例を利用することによって実現します。
  • ランク付けおよび並べ替えのアルゴリズムの微調整: データは、候補のランク付けと並べ替えに使用されるアルゴリズムの最適化と改善に役立つため、全体的なユーザー エクスペリエンスが向上します。

送信されたコード スニペット データはどのように保護されますか?

ユーザー編集アクション、ソース コード スニペット、リポジトリ URL やファイル パスなどの機密データを確実に保護するために、いくつかの保護手段が実装されています。 その実現は、次のような形で行われています。

  • 送信データの暗号化: すべてのデータが転送中と保存中の両方で暗号化されるため、安全性が保たれ、未承認者はアクセスできません。
  • 厳密なアクセスの制御: データへのアクセスは厳しく規制されており、次を含む特定の個人に限定されます。
    • GitHub Copilot チームまたは GitHub プラットフォーム正常性チームで作業する、指定された GitHub の担当者。
    • GitHub Copilot チームに関わる Microsoft の担当者。
  • ロールベースのアクセス制御と多要素認証: コード スニペット データへのアクセスを必要とする人は、ロールベースのアクセス制御に従う必要があります。 さらに、多要素認証が実装されることで、セキュリティ層が追加され、承認された個人のみがデータにアクセスできるようになります。

GitHub Copilot Individual のユーザーは、自分のコード スニペット データの使用をどのように制御できますか?

GitHub Copilot では、収集するデータの使用方法を選択できます。

  • ユーザー エンゲージメント データ: 仮名識別子や一般的な使用データを含むユーザー エンゲージメント データは、GitHub Copilot を適切に機能させるために必要です。 このデータは、GitHub Copilot を使用している間に収集され、処理され、Microsoft と共有されます。
  • プロンプトと候補の保持: コード エディターで GitHub Copilot を使用する際、プロンプトと候補を GitHub が保持し、Microsoft と共有するかどうかを決定するオプションがあります。 これらの設定は、GitHub Copilot の設定で調整できます。
  • 削除の要求: GitHub ID に関連付けられているプロンプトと候補を削除したい場合は、GitHub サポート ポータルにお問い合わせください。

プライベート コードは他のユーザーと共有されますか?

いいえ。 Microsoft は、当社のプライバシーに関する声明に従って責任ある慣行に従い、お客様のコード スニペットが GitHub Copilot の他のユーザーに提案されるコードとして使用されないようにします。

参考資料