Skip to main content

組織でのシークレット スキャン プッシュ保護のメトリックを表示する

セキュリティの概要を使って、組織全体のリポジトリでの secret scanning プッシュ保護のパフォーマンスを確認したり、アクションを実行する必要があるリポジトリを特定したりできます。

この機能を使用できるユーザーについて

組織のセキュリティの概要は、その組織のすべてのメンバーが利用できます。 表示されるビューとデータは、組織内のロールと、組織内の個々のリポジトリに対するアクセス許可によって決まります。 詳しくは「セキュリティの概要について」をご覧ください。

企業のセキュリティの概要には、組織の所有者とセキュリティ管理者がアクセスできる組織のデータが表示されます。 エンタープライズ所有者は、自身が組織の所有者またはセキュリティ マネージャーとして追加されている組織のデータのみを表示できます。 詳しくは、「Enterprise によって所有される Organization のロールを管理する」をご覧ください。

すべてのエンタープライズとその組織にセキュリティの概要があります。 GitHub Advanced Security の機能 を使っている場合は、公開リポジトリでは無料ですが、 追加の情報が表示されます。 詳しくは、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。

注: プッシュ保護の Secret scanning メトリックは現在ベータ版であり、変更される可能性があります。

secret scanning プッシュ保護のメトリックについて

組織の所有者またはセキュリティ マネージャーは、secret scanning プッシュ保護のメトリックの概要を使って、組織のセキュリティ リークをどの程度防止できているかを把握することができます。 メトリックを使って、プッシュ保護のパフォーマンスを評価し、機密情報の漏洩を防ぐためにアクションを実行する必要があるかもしれないリポジトリを簡単に特定することができます。

概要には、プッシュ保護によって組織全体でシークレットを含むプッシュが正常にブロックされた回数と、プッシュ保護がバイパスされた回数についての要約が表示されます。

また、次のようなより詳細なメトリックも確認できます。

  • 最も多くブロックまたはバイパスされたシークレットの種類
  • 最も多くのプッシュがブロックされたリポジトリ
  • 最も多くプッシュ保護をバイパスしているリポジトリ
  • ユーザーが保護をバイパスするときに示す理由の割合分布

メトリックは、過去 30 日間のアクティビティに基づいています。

組織の [セキュリティ] タブでの、シークレット スキャンに関する [メトリック] ビューの上部セクションのスクリーンショット。

secret scanning プッシュ保護のメトリックを表示する

  1. GitHub.com で、Organization のメイン ページへ移動します。

  2. 組織名の下で、 [ セキュリティ] をクリックします。

    組織の水平ナビゲーション バーのスクリーンショット。 盾のアイコンと [セキュリティ] というラベルのタブが、濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  3. サイド バーの [メトリック] で、 [ Secret scanning] をクリックします。

  4. 個々のシークレットの種類またはリポジトリをクリックすると、組織の関連付けられている シークレット スキャンニング アラート が表示されます。