Skip to main content

組織または企業のセキュリティ情報の表示

組織全体または企業のセキュリティ アラートとカバレッジ情報を表示、並べ替え、フィルター処理し、リポジトリのセキュリティ機能を有効にします。 

この機能を使用できるユーザーについて

すべてのエンタープライズとその組織にセキュリティの概要があります。 GitHub Advanced Security の機能 を使っている場合は、公開リポジトリでは無料ですが、 追加の情報が表示されます。 詳しくは、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。

セキュリティの概要について

組織の全体的なセキュリティ環境に関する分析情報を取得し、組織が所有するリポジトリのアラートの概要を表示できます。 組織全体でコード セキュリティ機能の導入を監視することもできます。

セキュリティの分析情報の表示

セキュリティの概要の概要ダッシュボードを使用して、Organization または Enterprise 内のリポジトリのセキュリティの状況を監視できます。

コード セキュリティ機能の採用の評価

セキュリティの概要を使うと、どのチームとリポジトリがコード セキュリティ機能が既に有効にしているかを確認し、まだ保護されていないものを特定できます。

コード セキュリティ リスクの評価

セキュリティの概要を使って、セキュリティ アラートの影響を受けるチームとリポジトリを確認し、緊急の修復アクションが必要なリポジトリを特定することができます。

セキュリティの概要でアラートをフィルター処理する

フィルターを使ってアラートの特定のカテゴリを表示する

リスクページとカバレッジページからのデータのエクスポート

リスクとカバレッジ データの CSV ファイルは、セキュリティの概要からエクスポートできます。

Viewing metrics for secret scanning push protection

You can use security overview to see how secret scanning push protection is performing in repositories across your organization or enterprise, and to identify repositories where you may need to take action.