Setting your commit email address

You can set the email address that is used to author commits on GitHub and on your computer.

About commit email addresses

GitHub uses your commit email address to associate commits with your GitHub account. You can choose the email address that will be associated with the commits you push from the command line as well as web-based Git operations you make.

For web-based Git operations, you can set your commit email address on GitHub. For commits you push from the command line, you can set your commit email address in Git.

Any commits you made prior to changing your commit email address are still associated with your previous email address.

Note: 使い捨てのメールアドレスサービス(一定期間後に期限切れになる一時的なアドレスでメールを受信できるようにしてくれるサービス)からのメールアドレスは検証できません。 メールアドレスをプライベートにしておきたいなら、GitHub が提供するnoreplyメールアドレスを使ってください。 詳しい情報については「GitHubでのコミットメールアドレスの設定」を参照してください。

If you'd like to keep your personal email address private, you can use a GitHub-provided no-reply email address as your commit email address. To use your noreply email address for commits you push from the command line, use that email address when you set your commit email address in Git. To use your noreply address for web-based Git operations, set your commit email address on GitHub and choose to Keep my email address private.

You can also choose to block commits you push from the command line that expose your personal email address. For more information, see "Blocking command line pushes that expose your personal email."

To ensure that commits are attributed to you and appear in your contributions graph, use an email address that is connected to your GitHub account, or the noreply email address provided to you in your email settings. For more information, see "Adding an email address to your GitHub account."

Note: If you created your GitHub account after July 18, 2017, your GitHub-provided no-reply email address is a seven-digit ID number and your username in the form of ID+username@users.noreply.github.com. If you created your GitHub account prior to July 18, 2017, your GitHub-provided no-reply email address is your username in the form of username@users.noreply.github.com. You can get an ID-based GitHub-provided no-reply email address by selecting (or deselecting and reselecting) Keep my email address private in your email settings.

If you use your GitHub-provided noreply email address to make commits and then change your username, those commits will not be associated with your GitHub account. This does not apply if you're using the ID-based GitHub-provided noreply address. For more information, see "Changing your GitHub username."

Setting your commit email address on GitHub

メールアドレスのプライバシーを有効化していないなら、 GitHub上のファイルの編集、削除、作成あるいはPull Requestのマージの変更を作成する検証済みのメールアドレスを選択できます。 メールアドレスのプライバシーを有効化しているなら、コミット作者のメールアドレスは変更できず、デフォルトで<username>@users.noreply.github.comになります。

  1. 任意のページの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてSettings(設定)をクリックしてください。 ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. 左のサイドバーでEmails(メール)をクリックしてください。 メールタブ

  3. "Add email address(メールアドレスの追加)"でメールアドレスを入力してAdd(追加)をクリックしてください。 Email addition button

  4. Verify your email address(メールアドレスを検証).

  5. "Primary email address(プライマリメールアドレス)"リストで、WebベースのGit操作と関連づけたいメールアドレスを選択してください。 プライマリメールアドレスの選択

  6. WebベースのGit操作をする際にメールアドレスをプライベートに保つには、Keep my email addresses private(メールアドレスをプライベートに保つ)をクリックしてください。 メールアドレスをプライベートに保つチェックボックスの画像

Setting your commit email address in Git

You can use the git config command to change the email address you associate with your Git commits. The new email address you set will be visible in any future commits you push to GitHub from the command line. Any commits you made prior to changing your commit email address are still associated with your previous email address.

Setting your email address for every repository on your computer

  1. ターミナルターミナルGit Bashを開いてください。
  2. Gitでメールアドレスを設定してください。 GitHubが提供するno-replyメールアドレスもしくは任意のメールアドレスが利用できます。
    $ git config --global user.email "email@example.com"
  3. Git で正しくメールアドレスが設定されたことを確認してください。
    $ git config --global user.email
    email@example.com
  4. メールアドレスを GitHub上のアカウントに追加して、自分のコミットが自分に帰属し、コントリビューショングラフに表示されるようにしてください。 詳しい情報については「GitHubアカウントへのメールアドレスの追加」を参照してください。

Setting your email address for a single repository

GitHub uses the email address set in your local Git configuration to associate commits pushed from the command line with your GitHub account.

You can change the email address associated with commits you make in a single repository. This will override your global Git config settings in this one repository, but will not affect any other repositories.

  1. ターミナルターミナルGit Bashを開いてください。
  2. Change the current working directory to the local repository where you want to configure the email address that you associate with your Git commits.
  3. Gitでメールアドレスを設定してください。 GitHubが提供するno-replyメールアドレスもしくは任意のメールアドレスが利用できます。
    $ git config user.email "email@example.com"
  4. Git で正しくメールアドレスが設定されたことを確認してください。
    $ git config user.email
    email@example.com
  5. メールアドレスを GitHub上のアカウントに追加して、自分のコミットが自分に帰属し、コントリビューショングラフに表示されるようにしてください。 詳しい情報については「GitHubアカウントへのメールアドレスの追加」を参照してください。

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡