Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
GitHub AEは、現在限定リリース中です。詳細については営業チームにお問い合わせください。

Defining outputs for jobs

Create a map of outputs for your jobs.

概要

You can use jobs.<job_id>.outputs to create a map of outputs for a job. ジョブの出力は、そのジョブに依存しているすべての下流のジョブから利用できます。 ジョブの依存関係の定義に関する詳しい情報についてはjobs.<job_id>.needsを参照してください。

Outputs are Unicode strings, and can be a maximum of 1 MB. The total of all outputs in a workflow run can be a maximum of 50 MB.

Job outputs containing expressions are evaluated on the runner at the end of each job. シークレットを含む出力はランナー上で編集され、GitHub Actionsには送られません。

依存するジョブでジョブの出力を使いたい場合には、needsコンテキストが利用できます。 詳細については、「コンテキスト」を参照してください。

Example: Defining outputs for a job

jobs:
  job1:
    runs-on: ubuntu-latest
    # ステップの出力をジョブの出力にマップする
    outputs:
      output1: ${{ steps.step1.outputs.test }}
      output2: ${{ steps.step2.outputs.test }}
    steps:
      - id: step1
        run: echo "::set-output name=test::hello"
      - id: step2
        run: echo "::set-output name=test::world"
  job2:
    runs-on: ubuntu-latest
    needs: job1
    steps:
      - run: echo ${{needs.job1.outputs.output1}} ${{needs.job1.outputs.output2}}