ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
GitHub AEは、現在限定リリース中です。詳細については営業チームにお問い合わせください。

デバッグロギングの有効化

ワークフロージョブあるいはステップが期待どおりに動作しない理由を診断する上で、十分な詳細がワークフローのログになかった場合、追加のデバッグロギングを有効化できます。

ノート: GitHub Actionsは現在GitHub AEでベータです。

これらの追加ログは、ワークフローを含むリポジトリにシークレットを設定することで有効になるため、同じ権限要件が適用されます。

  • ユーザアカウントのリポジトリにシークレットを作成するには、そのリポジトリのオーナーでなければなりません。 Organizationのリポジトリにシークレットを作成するには、管理アクセス権を持っていなければなりません。

  • ユーザアカウントリポジトリ内の環境にシークレットを作成するには、リポジトリのオーナーでなければなりません。 Organizationリポジトリ内の環境にシークレットを作成するには、adminアクセス権を持っていなければなりません。

  • Organizationのレベルでシークレットを作成するには、管理アクセス権を持っていなければなりません。

  • REST APIを使ってシークレットを作成するには、リポジトリへの書き込みアクセス権もしくはOrganizationへの管理アクセス権を持っていなければなりません。 詳しい情報については「GitHub ActionsシークレットAPI」を参照してください。

シークレットの設定に関する詳しい情報については、「暗号化されたシークレットの作成と利用」を参照してください。

ランナーの診断ロギングの有効化

ランナーの診断ログは、ランナーによるジョブの実行の様子に関する情報を含む追加のログファイルを提供します。 ログアーカイブには、2つのログファイルが追加されます。

  • ランナープロセスログにはジョブの実行のためのランナーの調整とセットアップに関する情報が含まれます。
  • ワーカープロセスログには、ジョブの実行が記録されます。
  1. ランナー診断ロギングを有効化するには、ワークフローを含むリポジトリ内で以下のシークレットを設定してください: ACTIONS_RUNNER_DEBUGtrueにしてください。

  2. ランナーの診断ログをダウンロードするには、ワークフローの実行のログアーカイブをダウンロードしてください。 ランナーの診断ログはrunner-diagnostic-logsフォルダに含まれています。 ログのダウンロードに関する詳しい情報については「ログのダウンロード」を参照してください。

ステップのデバッグロギングの有効化

ステップのデバッグロギングは、ジョブの実行の間と実行後のジョブのログの詳細度を高めます。

  1. ステップのデバッグロギングを有効化するには、ワークフローを含むリポジトリで以下のシークレットを設定しなければなりません: ACTIONS_STEP_DEBUGtrueにしてください。

  2. このシークレットを設定すると、ステップログにより多くのデバッグイベントが示されるようになります。 詳しい情報については「障害の診断のためのログの閲覧」を参照してください。

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?