Skip to main content

Git Large File Storageについて

GitHub Enterprise Server には、リポジトリで許可されるファイルのサイズに制限があります。 この制限を超えるファイルを追跡するには、Git Large File Storage を使います。

Git Large File Storageについて

Git LFSは、リポジトリに実際のファイルではなく、ファイルへの参照を保存することで大きなファイルを扱います。 Git のアーキテクチャを回避するため、Git LFS では実際のファイル (どこか別の場所に格納されています) への参照として働くポインター ファイルが作成されます。 GitHub Enterprise Serverはこのポインタファイルをリポジトリ中で管理します。 リポジトリをクローンすると、GitHub Enterprise Serverはこのポインタファイルを大きなファイルを見つけるための地図として使います。

Git LFS を使うと、最大 5 GB までのファイルをリポジトリに格納できます。

Git LFSをGitHub Desktopと共に使うこともできます。 GitHub Desktop での Git FLS リポジトリのクローンについて詳しくは、「GitHub からの GitHub Desktop へのリポジトリのクローン方法」をご覧ください。

ポインタファイルのフォーマット

Git LFSのポインタファイルは以下のようになっています。

version https://git-lfs.github.com/spec/v1
oid sha256:4cac19622fc3ada9c0fdeadb33f88f367b541f38b89102a3f1261ac81fd5bcb5
size 84977953

使われている Git LFS の version の後にファイルの一意識別子 (oid) が付いたものが追跡されます。 また、最終的なファイルの size も格納されます。

:

  • Git LFS は GitHub Pages サイトでは使用できません。
  • Git LFS はテンプレートリポジトリでは使用できません。

参考資料