Skip to main content

リポジトリのコミット サインオフ ポリシーの管理

リポジトリに対して行ったコミットを GitHub Enterprise Server の Web インターフェイスを使用して自動的にサインオフするようにユーザーに要求できます。

Who can use this feature

Organization owners and repository administrators can require all commits to a repository to be signed off by the commit author.

コミットのサインオフについて

コミット サインオフを使用すると、ユーザーは、コミットがリポジトリを管理するルールとライセンスに準拠していることを確認できます。 your GitHub Enterprise Server instance の Web インターフェイスを介してコミットするユーザーに対して、個々のリポジトリで強制コミット サインオフを有効にして、コミットでのサインオフをコミット プロセスのシームレスな部分にすることができます。 リポジトリに対して強制コミット サインオフが有効になると、your GitHub Enterprise Server instance の Web インターフェイスを介してそのリポジトリに対して行われたすべてのコミットが、コミット作成者によって自動的にサインオフされます。

Organization の所有者は、Organization レベルで強制コミット サインオフを有効にすることもできます。 詳しくは、「Organization のコミット サインオフ ポリシーの管理」をご覧ください。

強制コミットのサインオフは、Web インターフェイスを介して行われたコミットにのみ適用されます。 Git コマンド ライン インターフェイスを使用して行われたコミットは、コミット作成者が --signoff オプションを使用してコミットにサインオフする必要があります。 詳しくは、Git ドキュメントを参照してください。

コントリビュートするリポジトリで強制コミットのサインオフが有効になっているかどうかを判断するには、編集中のファイルの下部にあるコミット フォームのヘッダーを確認します。 強制コミットのサインオフが有効になると、ヘッダーに "サインオフして変更をコミットする" と表示されるようになります。

強制サインオフが有効になっている "コミット" フォームのスクリーンショット

コミットでサインオフする前に、コミット先のリポジトリを管理する規則とライセンスに準拠していることを確認する必要があります。 リポジトリでは、Linux Foundation の Developer Certificate of Origin などのサインオフ契約を使用できます。 詳しくは「Developer Certificate of Origin」をご覧ください。

コミットへの署名は、コミットのサインオフとは異なります。 詳しくは、「コミットの署名の検証について」をご覧ください。

リポジトリの強制コミット サインオフを有効または無効にする

  1. On your GitHub Enterprise Server instance, navigate to the main page of the repository. 1. リポジトリ名の下の [ 設定] をクリックします。 リポジトリの設定ボタン
  2. [共同作成者に Web ベースのコミットのサインオフを要求する] を選びます。 [共同作成者に Web ベースのコミットのサインオフを要求する] のスクリーンショット