Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2023-01-18. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

Installing a package

この記事では、次の項目が扱われます。

You can install a package from GitHub Packages and use the package as a dependency in your own project.

Who can use this feature

You can install any package that you have permission to view.

GitHub Packages は、GitHub Free、GitHub Pro、Organization の GitHub Free、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server 3.0 以降、GitHub AE で利用できます。 GitHub Enterprise Server インスタンスのアップグレードについて詳しくは、「新しいリリースへのアップグレードについて」を参照してください。また、現在のリリース バージョンからのアップグレード パスについては、アップグレード アシスタント を参照してください。

About package installation

You can search on your GitHub Enterprise Server instance to find packages in GitHub Packages that you can install in your own project. For more information, see "Searching GitHub Packages for packages."

After you find a package, you can read the package's description and installation and usage instructions on the package page.

Installing a package

You can install a package from GitHub Packages using any package type enabled for your instance by following the same general guidelines.

  1. Authenticate to GitHub Packages using the instructions for your package client. For more information, see "Authenticating to GitHub Packages."
  2. Install the package using the instructions for your package client.

For instructions specific to your package client, see "Working with a GitHub Packages registry."