ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ソースコード移行ツール

外部ツールを使って、プロジェクトを GitHub に移動できます。

Subversion からインポートする

一般的な Subversion の環境では、複数のプロジェクトが単一のルートリポジトリに保管されます。 GitHub 上では、一般的に、それぞれのプロジェクトはユーザアカウントや Organization の別々の Git リポジトリにマップします。 次の場合、Subversion リポジトリのそれぞれの部分を別々の GitHub リポジトリにインポートすることをおすすめします。

  • コラボレーターが、他の部分とは別のプロジェクトの部分をチェックアウトまたはコミットする必要がある場合
  • それぞれの部分にアクセス許可を設定したい場合

Subversion リポジトリを Git にコンバートするには、これらのツールをおすすめします:

Mercurial からインポートする

Mercurial リポジトリを Git にコンバートするには、 hg-fast-export をおすすめします。

Importing from TFVC

We recommend git-tfs for moving changes between TFVC and Git.

For more information about moving from TFVC (a centralized version control system) to Git, see "Plan your Migration to Git" from the Microsoft docs site.

参考: Git へのプロジェクトの変換が完了した後、GitHub にプッシュできます。

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?