Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-10-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

リモートリポジトリを管理する

お手元のコンピューター上にあるローカルリポジトリと、GitHub Enterprise Server にホストされているリポジトリを使用する方法を学びます。

リモート リポジトリの追加

新しいリモートを追加するには、リポジトリが保存されているディレクトリでターミナルから git remote add コマンドを使います。

git remote add コマンドは 2 つの引数を取ります。

  • リモート名 (例: origin)
  • リモート URL (例: https://[ホスト名]/user/repo.git)

たとえば次のような点です。

$ git remote add origin https://ホスト名/user/repo.git
# Set a new remote

$ git remote -v
# Verify new remote
> origin  https://ホスト名/user/repo.git (fetch)
> origin  https://ホスト名/user/repo.git (push)

使用する URL の詳細については、「リモート リポジトリについて」を参照してください。

トラブルシューティング: リモート配信元が既に存在します

このエラーは、ローカルのリポジトリに既に存在している名前でリモートを追加しようとしたということです。

$ git remote add origin https://ホスト名/octocat/Spoon-Knife.git
> fatal: remote origin already exists.

この問題を解決するには、以下を実行してください。

  • 新しいリモートに別の名前を使う。
  • 新しいリモートを追加する前に、既存のリモート リポジトリの名前を変更する。 詳細については、下記の「リモート リポジトリの名前を変更する」を参照してください。
  • 新しいリモートを追加する前に、既存のリモート リポジトリの名前を削除する。 詳細については、下記の「リモート リポジトリの削除」を参照してください。

リモート リポジトリの URL の変更

git remote set-url コマンドは、既存のリモート リポジトリ URL を変更します。

ヒント: HTTPS と SSH の URL の違いについては、「リモート リポジトリについて」を参照してください。

git remote set-url コマンドは 2 つの引数を取ります。

  • 既存のリモート名。 たとえば、originupstream の 2 つが一般的な選択肢です。
  • リモートの新しい URL。 たとえば次のような点です。
    • HTTPS を使うよう更新する場合、URL は以下のようになります:
      https://[ホスト名]/USERNAME/REPOSITORY.git
    • SSH を使うよう更新する場合、URL は以下のようになります:
      git@ホスト名:USERNAME/REPOSITORY.git

リモート URL の SSH から HTTPS への切り替え

  1. [ターミナル][ターミナル][Git Bash] を開きます。
  2. ワーキングディレクトリをローカルプロジェクトに変更します。
  3. 変更したいリモートの名前を取得するため、既存のリモート一覧を表示します。
    $ git remote -v
    > origin  git@ホスト名:USERNAME/REPOSITORY.git (fetch)
    > origin  git@ホスト名:USERNAME/REPOSITORY.git (push)
  4. git remote set-url コマンドを使用して、リモートの URL を SSH から HTTPS に変更します。
    $ git remote set-url origin https://ホスト名/USERNAME/REPOSITORY.git
  5. リモート URL が変更されたことを検証します。
    $ git remote -v
    # Verify new remote URL
    > origin  https://ホスト名/USERNAME/REPOSITORY.git (fetch)
    > origin  https://ホスト名/USERNAME/REPOSITORY.git (push)

次回、リモート リポジトリに git fetchgit pullgit push を実行すると、GitHub のユーザー名とパスワードの入力を求められます。 Git からパスワードの入力を求められたら、個人用アクセス トークン (PAT) を入力します。 または、Git Credential Manager などの資格情報ヘルパーを使用することもできます。より安全な認証方法を優先して、Git のパスワードベースの認証が削除されました。詳細については、「個人用アクセス トークンの作成」を参照してください。

資格情報ヘルパーを使用して、Git が GitHub と通信するたびに、GitHub ユーザー名と個人用アクセス トークンを記憶させることができます。

リモート URL の HTTPS から SSH への切り替え

  1. [ターミナル][ターミナル][Git Bash] を開きます。
  2. ワーキングディレクトリをローカルプロジェクトに変更します。
  3. 変更したいリモートの名前を取得するため、既存のリモート一覧を表示します。
    $ git remote -v
    > origin  https://ホスト名/USERNAME/REPOSITORY.git (fetch)
    > origin  https://ホスト名/USERNAME/REPOSITORY.git (push)
  4. git remote set-url コマンドを使用して、リモートの URL を HTTPS から SSH に変更します。
    $ git remote set-url origin git@ホスト名:USERNAME/REPOSITORY.git
  5. リモート URL が変更されたことを検証します。
    $ git remote -v
    # Verify new remote URL
    > origin  git@ホスト名:USERNAME/REPOSITORY.git (fetch)
    > origin  git@ホスト名:USERNAME/REPOSITORY.git (push)

トラブルシューティング: このようなリモート '[name]' はありません

このエラーは、変更しようとしたリモートが存在しないことを意味します。

$ git remote set-url sofake https://ホスト名/octocat/Spoon-Knife
> fatal: No such remote 'sofake'

リモート名を正しく入力したか確認してください。

リモート リポジトリの名前を変更する

git remote rename コマンドを使用して、既存のリモートの名前を変更します。

git remote rename コマンドは 2 つの引数を取ります。

  • 既存のリモート名 (例: origin)
  • リモートの新しい名前 (例: destination)

これらの例では、HTTPS を使用して複製することを前提としています (推奨)。

$ git remote -v
# View existing remotes
> origin  https://ホスト名/OWNER/REPOSITORY.git (fetch)
> origin  https://ホスト名/OWNER/REPOSITORY.git (push)

$ git remote rename origin destination
# Change remote name from 'origin' to 'destination'

$ git remote -v
# Verify remote's new name
> destination  https://ホスト名/OWNER/REPOSITORY.git (fetch)
> destination  https://ホスト名/OWNER/REPOSITORY.git (push)

トラブルシューティング: 構成セクションの 'remote.[古い名前]' を 'remote.[新しい名前]' に変更できませんでした

このエラーは、入力した古いリモート名が存在しないことを意味します。

git remote -v コマンドを使用すると、現在存在するリモートを確認できます。

$ git remote -v
# View existing remotes
> origin  https://ホスト名/OWNER/REPOSITORY.git (fetch)
> origin  https://ホスト名/OWNER/REPOSITORY.git (push)

トラブルシューティング: リモート [新しい名前] は既に存在します

このエラーは、使用しようとしたリモート名がすでに存在する、という意味です。 これを解決するには、別のリモート名を使用するか、または元のリモートの名前を変更するかのいずれかです。

リモート リポジトリを削除する

git remote rm コマンドを使用して、リポジトリからリモート URL を削除します。

git remote rm コマンドは、次の 1 つの引数を受け取ります。

  • リモート名 (例: destination)

リポジトリからリモート URL を削除すると、ローカルおよびリモート リポジトリのリンクのみが解除されます。 リモート リポジトリは削除されません。

これらの例では、HTTPS を使用して複製することを前提としています (推奨)。

$ git remote -v
# View current remotes
> origin  https://ホスト名/OWNER/REPOSITORY.git (fetch)
> origin  https://ホスト名/OWNER/REPOSITORY.git (push)
> destination  https://ホスト名/FORKER/REPOSITORY.git (fetch)
> destination  https://ホスト名/FORKER/REPOSITORY.git (push)

$ git remote rm destination
# Remove remote
$ git remote -v
# Verify it's gone
> origin  https://ホスト名/OWNER/REPOSITORY.git (fetch)
> origin  https://ホスト名/OWNER/REPOSITORY.git (push)

: git remote rm リモート リポジトリをサーバーから削除しないでください。 リモートとその参照がローカル リポジトリから削除されるだけです。

トラブルシューティング: 構成セクションの 'remote' [名前]' を削除できませんでした。

このエラーは、削除しようとしたリモートが存在しないことを意味します。

$ git remote rm sofake
> error: Could not remove config section 'remote.sofake'

リモート名を正しく入力したか確認してください。

参考資料