Skip to main content

ソースコード移行ツール

外部ツールを使って、プロジェクトを GitHub に移動できます。

Subversion からインポートする

一般的な Subversion の環境では、複数のプロジェクトが単一のルートリポジトリに保管されます。 GitHub では、一般的に、それぞれのプロジェクトは個人アカウントや Organization の別々の Git リポジトリにマップされます。 次の場合、Subversion リポジトリのそれぞれの部分を別々の GitHub リポジトリにインポートすることをおすすめします。

  • コラボレーターが、他の部分とは別のプロジェクトの部分をチェックアウトまたはコミットする必要がある場合
  • それぞれの部分にアクセス許可を設定したい場合

Subversion リポジトリを Git にコンバートするには、これらのツールをおすすめします:

Mercurial からインポートする

Mercurial リポジトリを Git に変換する場合は、hg-fast-export をお勧めします。

TFVC からのインポート

TFVC と Git の間で変更を移動する場合は、git-tfs をお勧めします。

TFVC (一元化されたバージョン管理システム) から Git への移行の詳細については、Microsoft ドキュメント サイトの「Git への移行を計画する」を参照してください。

ヒント: Git へのプロジェクトの変換が完了したら、GitHub にプッシュできます。