Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-10-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

Git リベース後のマージコンフリクトを解決する

git rebase 操作を実行するときに、通常ではコミットを移動しています。 このため、マージコンフリクトが発生する状況に陥る可能性があります。 つまり、同じファイルで 2 つのコミットにより同じ行が変更されたため、Git はどちらの変更を適用するのかわからないということです。

git rebase を使ってコミットを並べ替えたり操作したりした後で、マージ コンフリクトが発生した場合は、Git は次のメッセージをターミナルに表示して知らせます。

error: could not apply fa39187... something to add to patch A

When you have resolved this problem, run "git rebase --continue".
If you prefer to skip this patch, run "git rebase --skip" instead.
To check out the original branch and stop rebasing, run "git rebase --abort".
Could not apply fa39187f3c3dfd2ab5faa38ac01cf3de7ce2e841... Change fake file

ここでは、Git はどのコミットがコンフリクトを引き起こしているかを知らせています (fa39187)。 次の 3 つの選択肢が与えられています:

  • git rebase --abort を実行すると、リベースを完全に取り消すことができます。 Git はブランチを git rebase が呼ばれる前の状態に戻します。
  • git rebase --skip を実行すると、コミットを完全にスキップできます。 つまり、問題のあるコミットにより引き起された変更はすべて除外されます。 このオプションを選択することはほとんどありません。
  • コンフリクトを解決できます。

コンフリクトを修正するには、コマンド ラインからマージのコンフリクトを解決するための標準的な手順に従います。 終了したら、Git がリベースの残りの処理を続けるために git rebase --continue を呼び出す必要があります。