Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-10-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

GitHub Enterprise のライセンス使用状況のトラブルシューティング

ライセンス レポートを監査することで、エンタープライズ向けのライセンス使用状況のトラブルシューティングを行うことができます。

Who can use this feature

Enterprise owners can review license usage for GitHub Enterprise.

想定外のライセンス使用状況について

エンタープライズの使用済みライセンス数が想定外だった場合、使用済みライセンス レポートを確認し、エンタープライズのデプロイとサブスクリプション全体のライセンス使用状況を監査することができます。 詳しくは、「GitHub Enterprise のライセンス使用状況の表示」と「エンタープライズ アカウントのサブスクリプションと使用状況の表示」を参照してください。

エラーが見つかった場合は、トラブルシューティング手順を試すことができます。

プライバシー上の理由から、Enterprise Managed Users を使用しない限り、Enterprise 所有者はユーザー アカウントの詳細に直接アクセスできません。

使用済みライセンスの計算について

GitHub の課金対象は、GitHub Enterprise Server のデプロイを使う人、GitHub Enterprise Cloud 上の Organization のメンバーである人、または Visual Studio subscriber である人です。 ライセンスを使用している Enterprise 内の個人について詳しくは「ユーザーごとの価格付けについて」を参照してください。

使用するデプロイの数に関係なく、各ユーザーが 1 つのシートを使用するには、GitHub Enterprise Server と GitHub Enterprise Cloud の間でライセンスの使用状況を同期する必要があります。 詳細については、「GitHub Enterprise Server と GitHub Enterprise Cloud の間でユーザー ライセンスの使用状況を手動で同期する」を参照してください。

ライセンス使用状況を同期すると、GitHub では、GitHub Enterprise Server のユーザー アカウントと、GitHub Enterprise Cloud のユーザー アカウントをメール アドレスを使って照合します。

まず、GitHub Enterprise Server の各ユーザーのプライマリ メール アドレスを確認します。 次に、そのアドレスと GitHub Enterprise Cloud のユーザー アカウントのメール アドレスを照合します。 Enterprise で SAML SSO を使用している場合は、まず次の SAML 属性でメール アドレスを確認します。

  • http://schemas.xmlsoap.org/ws/2005/05/identity/claims/name
  • http://schemas.xmlsoap.org/ws/2005/05/identity/claims/emailaddress
  • username
  • NameID
  • emails

これらの属性で見つかったメール アドレスが GitHub Enterprise Server のプライマリ メール アドレスと一致しない場合、または Enterprise が SAML SSO を使用していない場合は、GitHub Enterprise Cloud のユーザーの検証済みメール アドレスを確認します。 GitHub.com 上のメール アドレスの確認の詳細については、「メール アドレスを検証する」(GitHub Enterprise Cloud ドキュメント)を参照してください。

使用済みライセンス ファイルのフィールド

GitHub.com ライセンス使用状況レポートと GitHub Enterprise Server のエクスポートされたライセンス使用状況ファイルには、エンタープライズのライセンス使用状況のトラブルシューティングに役立つさまざまなフィールドが含まれています。

GitHub.com ライセンス使用状況レポート (CSV ファイル)

エンタープライズのライセンス使用状況レポートは、エンタープライズのメンバーに関する以下の情報を含む CSV ファイルです。 一部のフィールドは、GitHub Enterprise Cloud (GHEC) のデプロイ、GitHub Enterprise Server (GHES) の接続環境、または GitHub Enterprise との Visual Studio サブスクリプション (VSS) に固有のものです。

フィールド説明
github_com_loginユーザーの GHEC アカウントのユーザー名
github_com_nameユーザーの GHEC アカウントの表示名
github_com_profileGHEC のユーザーのプロファイル ページの URL
github_com_userユーザーが GHEC のアカウントを持っているかどうか
github_com_member_rolesGHEC でユーザーが所属する Organization ごとの、コロンで区切られた Organization 名とその Organization 内の個人のロール (Owner または Member)

コンマで区切られた Organization
github_com_enterprise_roleOwnerMemberOutside collaborator のいずれかです
github_com_verified_domain_emailsEnterprise の検証済みドメインに一致するユーザーの GHEC アカウントに関連付けられているすべてのメール アドレス
github_com_saml_name_idSAML ユーザー名
github_com_orgs_with_pending_invitesユーザーの GHEC アカウントが Enterprise 内の Organization に参加するための保留中のすべての招待
license_typeVisual Studio subscriptionEnterprise のいずれかです
enterprise_server_userユーザーが GHES に少なくとも 1 つのアカウントを持っているかどうか
enterprise_server_primary_emails各ユーザーの GHES アカウントに関連付けられているプライマリ メール アドレス
enterprise_server_user_idsユーザーの GHES アカウントごとの、アカウントのユーザー ID
total_user_accounts個人が GHEC と GHES の両方で持っているアカウントの合計数
visual_studio_subscription_userユーザーが Visual Studio subscriber であるかどうか
visual_studio_subscription_emailユーザーの VSS に関連付けられているメール アドレス
visual_studio_license_statusVisual Studio ライセンスが GitHub ユーザーに一致しているかどうか

エンタープライズ内の 1 つ以上の組織のメンバーになっていない Visual Studio subscriber は、保留中の招待状態でレポートに含まれ、[Name](名前) または [Profile link](プロファイル リンク) フィールドの値は指定されません。

GitHub Enterprise Server のエクスポートされたライセンス使用状況 (JSON ファイル)

GitHub Enterprise Server のライセンス使用状況は JSON ファイルであり、通常、GitHub Enterprise Server と GitHub Enterprise Cloud のデプロイ間でユーザー ライセンスの手動同期を実行するときに使われます。 このファイルには、GitHub Enterprise Server 環境に固有の次の情報が含まれています。

フィールド説明
機能GitHub Enterprise Server インスタンスで有効な GitHub Connect 機能と、有効になった日時。
ホスト名GitHub Enterprise Server インスタンスのホスト名。
HTTP のみGitHub Enterprise Server インスタンス上でトランスポート層セキュリティ (TLS) が有効であり、構成されているかどうか。 True または False のいずれかにすることができます。
ライセンスGitHub Enterprise Server ライセンスのハッシュ。
公開キーGitHub Enterprise Server ライセンスの公開キーの部分。
サーバー IDGitHub Enterprise Server インスタンス用に生成された UUID。
VersionGitHub Enterprise Server インスタンスのバージョン。

使用済みライセンスのトラブルシューティング

各ユーザーが異なるデプロイとサブスクリプションに対して 1 つのシートのみを使用していることを確認するには、次のトラブルシューティングの手順を試してみてください。

  1. 複数のシートを使用しているユーザーを特定するために、Enterprise で GitHub Enterprise Cloud の検証済みドメインが使われている場合は、GitHub.com のアカウントに関連付けられている検証済みドメインのメール アドレスを持たない Enterprise メンバーのリストを確認します。 多くの場合、これらは誤って複数のライセンス シートを使っているユーザーです。 詳細については、「検証済みドメインのメール アドレスを持たないメンバーの表示」を参照してください。

    注: トラブルシューティングを簡単に行えるようにするため GitHub.com の Enterprise アカウントで、検証済みドメインを使うことをお勧めします。 詳細については、「エンタープライズのドメインの確認または承認」を参照してください。

  2. 複数のシートを使用しているユーザーを特定したら、同じメール アドレスがすべてのユーザーのアカウントに関連付けられていることを確認します。 一致する必要があるメール アドレスについて詳しくは、「使用されるライセンスの計算について」を参照してください。

  3. メール アドレスが最近更新されたか、不一致を修正するために検証された場合は、最後のライセンス同期ジョブのタイムスタンプを表示します。 修正が行われた後にジョブが実行されていない場合は、手動で新しいジョブをトリガーします。 詳細については、「GitHub Enterprise Server と GitHub Enterprise Cloud 間のライセンス使用状況の同期」を参照してください。

前述のようにトラブルシューティング情報を確認した後も、使用済みライセンスについて不明な点がある場合は、GitHub Support ポータル を使って GitHub Support に問い合わせることができます。