ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
Enterprise Server 3.0# The version name is rendered before the below text via includes/header-notification.html ' is currently available as a release candidate. For more information, see "About upgrades to new releases."'

Organization のプロジェクトボード権限

Organization のオーナーと、プロジェクトボード管理者権限を持つユーザーは、Organization のプロジェクトボードに対する読み取り、書き込み、管理の各権限を誰が持つかをカスタマイズすることができます。

ここには以下の内容があります:

権限の概要

ユーザーと Team のプロジェクトボードに対する権限には、次の 3 つのレベルがあります:

  • 読み取り。プロジェクトボードの閲覧権限を与えます。
  • 書き込み。プロジェクトボードの閲覧、プロジェクトボードへのリポジトリのリンク、プロジェクトボードの操作の権限を与えます。 詳しい情報については、「リポジトリをプロジェクトボードにリンクする」を参照してください。
  • 管理。プロジェクトボードの閲覧、プロジェクトボードの操作、プロジェクトボードの設定の管理、他の人々のプロジェクトボードへのアクセス権の管理の権限を与えます。

Organization のオーナーと、管理者権限を持つユーザーは、外部コラボレーターまたは Organization メンバーとして、または Team や Organization のメンバーシップを通じて、Organization のプロジェクトボードに対するユーザーのアクセス権を個々に付与することができます。 外部コラボレーターとは、Organization のメンバーではないが、Organization でコラボレーションの権限を付与されたユーザーのことです。

Organization のオーナーと、プロジェクトボードに対する管理者権限を持つユーザーは、次の操作を実行できます:

プロジェクトボードに対するカスケード権限

Organizationのプロジェクトボードに対して複数のアクセス経路がある場合(個人として、Teamを通じて、Organizationのメンバーとして)、プロジェクトボードに対する最上位の権限レベルが下位の権限レベルをオーバーライドします。

たとえば、Organization のオーナーが、あるプロジェクトボードに対する読み取り権限を Organization のすべてのメンバーに付与しており、プロジェクトボードの管理者が個別のコラボレーターとして、同じボードに対する書き込み権限を Organization のメンバーに付与している場合、そのユーザーはそのプロジェクトボードに対する書き込み権限を持つことになります。

プロジェクトボードの可視性

デフォルトでは、プロジェクトボードはプライベートに設定されており、プロジェクトボードへの読み取り、書き込み、または管理者権限を持つメンバーだけが表示できます。 A public project board is visible to anyone with the project board's URL. You can change the project board's visibility from private to public and back again. 詳細は「プロジェクトボードの可視性を変更する」を参照してください。

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.