このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-02-16. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

Team から Organization メンバーを削除する

owner 権限または team maintainer 権限が付与されている個人は、Team メンバーを Team から削除することができます。 これは、個人が Team から付与されるリポジトリへのアクセスを必要としなくなった場合や、個人が Team のプロジェクトでフォーカスされなくなった場合に必要となる可能性があります。

警告:

  • プライベートリポジトリへの個人のアクセス権を削除すると、そのプライベートリポジトリからその人が作成したフォークはすべて削除されます。 プライベートリポジトリのローカルクローンは残ります。 プライベートリポジトリへのTeamのアクセス権が削除されたり、プライベートリポジトリへのアクセス権を持つTeamが削除された場合、Teamのメンバーが他のTeamを通じてそのリポジトリへのアクセス権を持っていなければ、そのリポジトリのプライベートフォークは削除されます。

  • LDAP Syncが有効化されている場合、リポジトリから個人を削除すると、その人はアクセス権を失いますが、その人のフォークは削除されません。 元々のOrganizationのリポジトリへのアクセスできるように3ヶ月以内にその人がTeamに追加されたなら、次回の同期の際にフォークへのアクセスは自動的に回復されます。

  • リポジトリへのアクセスを失った個人に、機密情報や知的財産を確実に削除してもらうのは、あなたの責任です。

  • プライベートあるいはインターナルリポジトリに対する管理権限を持つ人は、そのリポジトリのフォークを禁止でき、OrganizationのオーナーはOrganization内のプライベートあるいはインターナルリポジトリのフォークを禁止できます。 詳しい情報については「Organizationのためのフォークのポリシーの管理」及び「リポジトリのフォークのポリシーの管理」を参照してください。

  1. In the top right corner of GitHub Enterprise Server, click your profile photo, then click Your organizations. プロフィールメニューのあなたのOrganization
  2. Click the name of your organization. Organizationのリスト中のOrganization名
  3. Organization 名の下で、クリックします Teams. Teamsタブ
  4. Teamsタブで、Teamの名前をクリックしてください。 Organization の Team のリスト
  5. 削除する個人を選択します。 Organization メンバーの横のチェックボックス
  6. Team メンバーのリストの上のドロップダウンメニューで、[Remove from team] をクリックします。 ロールを変更するオプションのあるドロップダウンメニュー

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?