Skip to main content

Organization の Project (classic) へのアクセス許可

Organization オーナーと、クラシック プロジェクト の管理者アクセス許可を持つユーザーは、Organization の クラシック プロジェクト への読み取り、書き込み、管理アクセス許可を持つユーザーをカスタマイズできます。

注:

  • 新しいプロジェクト エクスペリエンスである Projects が利用できるようになりました。 Projects について詳しくは、「Projects について」を参照してください。また、クラシック プロジェクト について詳しくは、「Projects (classic) からの移行」を参照してください。
  • 新しいクラシック プロジェクト ボードは、少なくとも 1 つのクラシック プロジェクト ボードが既に存在する Organaization、ユーザー、またはリポジトリに対してのみ作成できます。 クラシック プロジェクト ボードを作成できない場合は、代わりにプロジェクト ボードを作成してください。

アクセス許可の概要

ユーザーおよび Team の クラシック プロジェクト に対するアクセス許可には、次の 3 つのレベルがあります。

  • 読み取り。ユーザーにクラシック プロジェクトを表示するアクセス許可を付与します。
  • 書き込み。クラシック プロジェクトを表示し、リポジトリをクラシック プロジェクトにリンクし、クラシック プロジェクトと対話するアクセス許可をユーザーに付与します。 詳しくは、「project (classic)へのリポジトリのリンク」を参照してください。
  • 管理。クラシック プロジェクトを表示し、クラシック プロジェクトと対話し、クラシック プロジェクト設定を管理し、クラシック プロジェクトへの他のユーザーのアクセスを管理するアクセス許可をユーザーに付与します。

Organization オーナーと、管理者アクセス許可を持つユーザーは、外部コラボレーターまたは Organization メンバーとして、または Team や Organization のメンバーシップを通じて、Organization の クラシック プロジェクト に対するアクセス権をユーザーに個別に付与できます。 外部コラボレーターとは、Organization のメンバーではないが、Organization でコラボレーションの権限を付与されたユーザーのことです。

Organization オーナーと、クラシック プロジェクト への管理者アクセス許可を持つユーザーは、次の操作を行うこともできます。

クラシック プロジェクト のアクセス許可のカスケード

ユーザーが組織のクラシック プロジェクト (個別にチームを通じて、または組織のメンバーとして) 複数の方法でアクセスできる場合、最も高いクラシック プロジェクト アクセス許可レベルによって、より低いアクセス許可レベルがオーバーライドされます。

たとえば、Organization オーナーが クラシック プロジェクト への読み取りアクセス許可をすべての Organization メンバーに付与しており、クラシック プロジェクト 管理者が個別のコラボレーターとしてそのボードへの書き込みアクセス許可を Organization メンバーに付与した場合、そのメンバーは、クラシック プロジェクト への書き込みアクセス許可を持つことになります。

クラシック プロジェクト の可視性

Organization の所有者は、パブリック projects および クラシック プロジェクト を作成したり、既存の projects および クラシック プロジェクト の可視性をパブリックに変更したりする Organization のメンバーの機能を制御できます。 詳しくは、「Organization のプロジェクトの可視性の変更を許可する」をご覧ください。

既定では、ユーザー所有および Organization 全体の クラシック プロジェクト はプライベートであり、クラシック プロジェクト に対する読み取り、書き込み、または管理者権限を持つユーザーにのみ表示されます。 公開 クラシック プロジェクト は、すべての クラシック プロジェクト の URL を使ってアクセスした人が表示できます。 リポジトリ レベルの クラシック プロジェクト は、リポジトリの可視性を共有します。 つまり、プライベート リポジトリにはプライベート ボードがあり、この可視性を変更することはできません。 クラシック プロジェクト の可視性をプライベートからパブリックに変更したり、元に戻したりすることができます。 詳しい情報については、「project (classic) の可視性の変更」を参照してください。

参考資料