ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Organizationのメンバーシップの可視性の設定

You can set visibility for new organization members across your enterprise to public or private. また、メンバーが自分の可視性をデフォルトから変更できないようにすることもできます。

インスタンス内の現在のOrganizationのすべてのメンバーに対し、コマンドラインユーティリティを使ってデフォルト設定を適用することもできます。 たとえばすべてのOrganizationのメンバーの可視性をパブリックにしたい場合、管理設定でデフォルトをパブリックにしてすべての新しいメンバーにデフォルトを適用し、それからコマンドラインユーティリティを使ってパブリック設定を既存のメンバーに適用できます。

  1. Navigate to your enterprise account by visiting https://HOSTNAME/enterprises/ENTERPRISE-NAME, replacing HOSTNAME with your instance's hostname and ENTERPRISE-NAME with your enterprise account's name.
  1. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Settings(設定)をクリックしてください。

    Enterpriseアカウントサイドバー内の設定タブ

  2. Under " Settings", click Options.

    Enterpriseアカウント設定サイドバー内のオプションタブ

  3. [Default organization membership visibility] で、ドロップダウンメニューを使用して [Private] または [Public] をクリックします。

    デフォルトの Organization のメンバーシップの可視性をパブリックあるいはプライベートに設定するオプションを持つドロップダウンメニュー

  4. メンバーがデフォルトからメンバーシップの可視性を変更できないようにするために、Enforce on organization members(Organizationのメンバーに適用)を選択することもできます。

    Checkbox to enforce the default setting on all members

  5. 新しい可視性の設定をすべての既存メンバーに適用したい場合は、ghe-org-membership-updateコマンドラインユーティリティを使ってください。 For more information, see "Command-line utilities."

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.