ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2021-06-09. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

Enterprise にわたるユーザの監査

Audit log ダッシュボードには、サイト管理者に、過去 90 日間に企業全体のすべてのユーザと Organization によって実行されたアクションが表示されます。これには、アクションを実行したユーザ、アクションの内容、アクションの実行時期などの詳細が含まれます。

Audit log にアクセスする

Audit log ダッシュボードには、Enterprise 全体の監査データが表示されます。

インスタンスにわたるAudit logのダッシュボード

  1. https://HOSTNAME/enterprises/ENTERPRISE-NAMEにアクセスしてEnterpriseアカウントに移動してください。HOSTNAMEはインスタンスのホスト名で、ENTERPRISE-NAMEはEnterpriseアカウント名で置き換えてください。

  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Settings(設定)をクリックしてください。 Enterpriseアカウントサイドバー内の設定タブ

  3. Settings(設定)"の下で、Audit logをクリックしてください。 Enterpriseアカウントのサイドバー内のAudit logタブ

地図内では、世界中のイベントを見るためにパンやズームができます。 国にカーソルを合わせれば、その国のイベントの簡単な集計が表示されます。

Enterprise にわたるイベントの検索

Audit log には、Enterprise 内で行われたアクションに関する次の情報が一覧表示されます。

ノート:

  • Audit logのエントリはテキストを使った検索はできませんが、様々なフィルタを使って検索クエリを構築できます。 GitHub Enterprise Server は、GitHub Enterprise Server 全体を検索するための多くの演算子をサポートしています。 詳細は「GitHub での検索について」を参照してください。
  • 90日よりも古いイベントの検索には、created修飾子を使ってください。

リポジトリに基づく検索

repo 修飾子は、Organization が所有する特定のリポジトリにアクションを制限します。 例:

  • repo:my-org/our-repomy-org Organization内のour-repoリポジトリで起きたすべてのイベントを検索します。
  • repo:my-org/our-repo repo:my-org/another-repoは、my-org Organization内のour-repo及びanother-repoの両リポジトリ内で起きたすべてのイベントを検索します。
  • -repo:my-org/not-this-repoは、my-org Organization内のnot-this-repoリポジトリで起きたすべてのイベントを除外します。

repo修飾子内には、Organizationの名前を含めなければなりません。単にrepo:our-repoとして検索することはできません。

ユーザーに基づく検索

actor 修飾子は、アクションを実行した Organization のメンバーに基づいてイベントの範囲を設定します。 例:

  • actor:octocatoctocatが行ったすべてのイベントを検索します。
  • actor:octocat actor:hubotは、octocat及びhubotが行ったすべてのイベントを検索します。
  • -actor:hubotは、hubotが行ったすべてのイベントを除外します。

使用できるのは GitHub Enterprise Server ユーザ名のみで、個人の本当の名前ではありません。

Organizationに基づく検索

org 修飾子は、特定の Organization にアクションを限定します。 例:

  • org:my-orgmy-org という Organization で生じたすべてのイベントを検索します。
  • org:my-org action:teammy-orgというOrganization内で行われたすべてのteamイベントを検索します。
  • -org:my-orgmy-org という Organization で生じたすべてのイベントを除外します。

実行されたアクションに基づく検索

action修飾子は、特定のイベントをカテゴリ内でグループ化して検索します。 以下のカテゴリに関連するイベントの詳しい情報については「監査済みのアクション」を参照してください。

カテゴリ名説明
フックwebhookに関連するすべてのアクティビティを含みます。
orgOrganizationのメンバーシップに関連するすべてのアクティビティを含みます。
repoOrganizationが所有するリポジトリに関連するすべてのアクティビティを含みます。
TeamOrganization内のチームに関連するすべてのアクティビティを含みます。

次の用語を使用すれば、特定の一連の行動を検索できます。 例:

  • action:teamはteamカテゴリ内でグループ化されたすべてのイベントを検索します。
  • -action:billingはbillingカテゴリ内のすべてのイベントを除外します。

各カテゴリには、フィルタリングできる一連の関連イベントがあります。 例:

  • action:team.createはTeamが作成されたすべてのイベントを検索します。
  • -action:billing.change_emailは課金のメールが変更されたすべてのイベントを検索します。

場所に基づく検索

country修飾子は、発生元の国によってアクションをフィルタリングします。

  • 国の 2 文字のショートコードまたはフル ネームを使用できます。
  • 名前に空白を含む国は、引用符で囲まなければなりません。 例:
    • country:de は、ドイツで発生したイベントをすべて検索します。
    • country:Mexico はメキシコで発生したすべてのイベントを検索します。
    • country:"United States" はアメリカ合衆国で発生したすべてのイベントを検索します。

アクションの時刻に基づく検索

created修飾子は、発生した時刻でアクションをフィルタリングします。

  • 日付には YYYY-MM-DD という形式を使います。これは、年の後に月、その後に日が続きます。
  • 日付では大なり、小なりおよび範囲指定を使用できます。 例:
    • created:2014-07-08 は、2014 年 7 月 8 日に発生したイベントをすべて検索します。
    • created:>=2014-07-01 は、2014 年 7 月 1 日かそれ以降に生じたすべてのイベントを検索します。
    • created:<=2014-07-01は、2014 年 7 月 1 日かそれ以前に生じたすべてのイベントを検索します。
    • created:2014-07-01..2014-07-31は、2014 年 7 月に起きたすべてのイベントを検索します。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問する サポートへの連絡