ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub Enterprise Server アプライアンスで pre-receive フックを管理する

pre-receive フックの GitHub Enterprise Server アプライアンス内での利用方法を設定する

ここには以下の内容があります:

pre-receiveフックの作成

  1. Navigate to your enterprise account by visiting https://HOSTNAME/enterprises/ENTERPRISE-NAME, replacing HOSTNAME with your instance's hostname and ENTERPRISE-NAME with your enterprise account's name.

  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Settings(設定)をクリックしてください。

    Enterpriseアカウントサイドバー内の設定タブ

  3. " Setteings(設定)"の下で、Hooks(フック)をクリックしてください。

    Enterpriseアカウント設定サイドバー内のフックタブ

  4. Add pre-receive hook(pre-receiveフックの追加)をクリックしてください。

    pre-receive フックを追加する

  5. Hook name(フック名)フィールドに、作成したいフックの名前を入力してください。

    pre-receive フックに名前を付ける

  6. Environment(環境)ドロップダウンメニューから、フックを動作させたい環境を選択してください。

    フックの環境

  7. [Script] の下で、[Select hook repository]ドロップダウンメニューから、pre-receive フックスクリプトを含むリポジトリを選択してください。 Select file(ファイルの選択)ドロップダウンメニューから、pre-receiveフックスクリプトのファイル名を選択してください。

    フックスクリプト

  8. スクリプトを強制するにはUse the exit-status to accept or reject pushes(プッシュを受け入れるか拒否するかを終了ステータスで決める)を選択してください。 このオプションの選択を外すと、終了ステータスの値が無視され、スクリプトをテストできるようになります。 このモードでは、スクリプトの出力はコマンドラインでユーザに見えますが、Web インターフェースには表示されません。

    exit-status の利用

  9. pre-receiveフックをすべてのリポジトリで実行したい場合は、Enable this pre-receive hook on all repositories by default(デフォルトで全リポジトリ上でこのpre-receiveフックを有効化する)を選択してください。

    すべてのリポジトリでフックを有効化

  10. 管理者もしくはオーナー権限を持つOrganizationのメンバーがこのpre-receiveフックを有効化あるいは無効化できるようにしたい場合には、Administrators can enable and disable this hook(管理者がこのフックを有効化及び無効化できるようにする)を選択してください。

    管理者によるフックの有効化もしくは無効化

pre-receiveフックの編集

  1. Navigate to your enterprise account by visiting https://HOSTNAME/enterprises/ENTERPRISE-NAME, replacing HOSTNAME with your instance's hostname and ENTERPRISE-NAME with your enterprise account's name.

  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Settings(設定)をクリックしてください。

    Enterpriseアカウントサイドバー内の設定タブ

  3. " Setteings(設定)"の下で、Hooks(フック)をクリックしてください。

    Enterpriseアカウント設定サイドバー内のフックタブ

  4. 編集したい pre-receive フックの隣の をクリックします。

    pre-receiveの編集

pre-receiveフックの削除

  1. Navigate to your enterprise account by visiting https://HOSTNAME/enterprises/ENTERPRISE-NAME, replacing HOSTNAME with your instance's hostname and ENTERPRISE-NAME with your enterprise account's name.

  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Settings(設定)をクリックしてください。

    Enterpriseアカウントサイドバー内の設定タブ

  3. " Setteings(設定)"の下で、Hooks(フック)をクリックしてください。

    Enterpriseアカウント設定サイドバー内のフックタブ

  4. 削除したい pre-receive フックの隣の をクリックします。

    pre-receiveの編集

Organizationのためのpre-receiveフックの設定

Organizationの管理者がOrganizationのフックの権限を設定できるのは、サイト管理者がpre-receiveフックの作成時にAdministrators can enable or disable this hook(管理者がこのフックを有効化及び無効化できるようにする)オプションを選択している場合のみです。 リポジトリのpre-receiveフックを設定するには、Organizationの管理者もしくはオーナーでなければなりません。

  1. GitHub Enterprise Serverの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてYour profile(あなたのプロフィール)をクリックしてください。
    プロフィール画像
  2. プロフィールページの左側で、"Organizations"の下であなたのOrganizationのアイコンをクリックしてください。
    organizationのアイコン
  3. Organization名の下で、Settings(設定)をクリックしてください。
    Organizationの設定ボタン
  4. 左のサイトバーでHooks(フック)をクリックしてください。
    フックサイドバー
  5. 設定したいpre-receiveフックの隣のHook permissions(フックの権限)ドロップダウンメニューをクリックしてください。 pre-receiveフックの有効化もしくは無効化を選択するか、リポジトリ管理者による設定を許可してください。
    フックの権限

リポジトリのためのpre-receiveフックの設定

サイト管理者がpre-receiveフックの作成時にAdministrators can enable or disable this hook(管理者がこのフックを有効化及び無効化できるようにする)オプションを選択している場合にのみ、リポジトリのオーナーがフックを設定できます。 Organizationで、OrganizationのオーナーはConfigurable(設定可能) フック権限を選択している必要もあります。 リポジトリのpre-receiveフックを設定するには、リポジトリのオーナーでなければなりません。

  1. GitHub Enterprise Serverの右上で、プロフィール画像をクリックし、続いてYour profile(あなたのプロフィール)をクリックしてください。
    プロフィール画像
  2. Repositories(リポジトリ)をクリックし、pre-receiveフックを設定したいリポジトリを選択してください。
    リポジトリ
  3. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。
    リポジトリの設定ボタン
  4. 左のサイドバーで、Hooks & Services(フックとサービス)をクリックしてください。
    フックとサービス
  5. 設定したいpre-receiveフックの隣のHook permissions(フックの権限)ドロップダウンメニューをクリックしてください。 pre-receiveフックを有効化するか無効化するかを選択してください。
    リポジトリのフックの権限

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.