ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2021-02-11. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

リポジトリが削除されたり可視性が変更されたりするとフォークはどうなりますか?

リポジトリを削除したり、その可視性を変更したりすると、そのリポジトリのフォークに影響します。

警告:

  • プライベートリポジトリへの個人のアクセス権を削除すると、そのプライベートリポジトリからその人が作成したフォークはすべて削除されます。 プライベートリポジトリのローカルクローンは残ります。 プライベートリポジトリへのTeamのアクセス権が削除されたり、プライベートリポジトリへのアクセス権を持つTeamが削除された場合、Teamのメンバーが他のTeamを通じてそのリポジトリへのアクセス権を持っていなければ、そのリポジトリのプライベートフォークは削除されます。

  • LDAP Syncが有効化されている場合、リポジトリから個人を削除すると、その人はアクセス権を失いますが、その人のフォークは削除されません。 元々のOrganizationのリポジトリへのアクセスできるように3ヶ月以内にその人がTeamに追加されたなら、次回の同期の際にフォークへのアクセスは自動的に回復されます。

  • リポジトリへのアクセスを失った個人に、機密情報や知的財産を確実に削除してもらうのは、あなたの責任です。

  • People with admin permissions to a private or internal repository can disallow forking of that repository, and organization owners can disallow forking of any private or internal repository in an organization. 詳しい情報については「Organizationのためのフォークのポリシーの管理」及び「リポジトリのフォークのポリシーの管理」を参照してください。

プライベートリポジトリを削除する

プライベートリポジトリを削除すると、そのプライベートフォークもすべて削除されます。

パブリックリポジトリを削除する

パブリックリポジトリを削除すると、既存のパブリックフォークの 1 つが新しい親リポジトリとして選択されます。 他のすべてのリポジトリはこの新しい親から分岐し、その後のプルリクエストはこの新しい親に送られます。

プライベートフォークと権限

プライベートフォークは、上流もしくは親リポジトリの権限構造を継承します。 たとえば、上流リポジトリがプライベートで読み取り/書き込みアクセスをあるTeamに与えているなら、そのチームはプライベートの上流リポジトリのすべてのフォークに読み取り/書き込みアクセスを持つことになります。 これは、プライベートリポジトリのオーナーがコードに対するコントロールを管理するための役に立ちます。

パブリックリポジトリをプライベートリポジトリに変更する

パブリックリポジトリを非公開にすると、そのパブリックフォークは新しいネットワークに分割されます。 パブリックリポジトリの削除と同様に、既存のパブリックフォークの 1 つが新しい親リポジトリとして選択され、他のすべてのリポジトリはこの新しい親から分岐されます。 後続のプルリクエストは、この新しい親に行きます。

言い換えれば、パブリックリポジトリのフォークは、親リポジトリが非公開にされた後も、独自の別のリポジトリネットワークで公開されたままになります。 これにより、フォークオーナーは作業を中断せずに作業を継続できます。 このようにパブリックフォークが別のネットワークに移動されなかった場合、それらのフォークのオーナーは適切なアクセス許可を取得してプルする必要があります。 以前はこれらのアクセス権が必要ではなかったとしても、(現在はプライベートになっている) 親リポジトリからの変更を取得して送信します。

パブリックリポジトリで匿名の Git 読み取りアクセスが有効になっていて、そのリポジトリが非公開になっている場合、リポジトリのすべてのフォークは匿名の Git 読み取りアクセスを失い、デフォルトの無効設定に戻ります。 分岐したリポジトリが公開された場合、リポジトリ管理者は匿名の Git 読み取りアクセスを再度有効にすることができます。 詳細は「リポジトリに対する匿名 Git 読み取りアクセスを有効化する」を参照してください。

プライベートリポジトリを削除する

パブリックリポジトリを非公開にしてから削除しても、そのパブリックフォークは別のネットワークに存在し続けます。

プライベートリポジトリのパブリックリポジトリへの変更

プライベートリポジトリが公開されると、そのプライベートフォークはそれぞれスタンドアロンのプライベートリポジトリになり、独自の新しいリポジトリネットワークの親になります。 プライベートフォークは、公開されるべきではない機密のコミットを含む可能性があるため、自動的に公開されることはありません。

パブリックリポジトリを削除する

プライベートリポジトリを公開してから削除しても、そのプライベートフォークは独立したプライベートリポジトリとして別々のネットワークに存在し続けます。

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.