ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

共同開発モデルについて

プルリクエストの使い方は、プロジェクトで使う開発モデルのタイプによります。

Did this doc help you?

プルリクエストを使う開発モデルには、主に2つのタイプがあります。 フォークとプルモデルでは、誰でも既存のリポジトリをフォークして、個人のフォークに変更をプッシュできます。 ユーザが所有するフォークにプッシュする際に、ソースリポジトリへのアクセス許可は必要ありません。 プロジェクトのメンテナーは、その変更をソースリポジトリにプルできます。 ユーザが所有するフォークのブランチからソース(上流)のリポジトリのブランチへの変更を提案するプルリクエストをオープンすると、上流のリポジトリへのプッシュアクセスを持つすべてのユーザがプルリクエストに変更を加えられるようにすることができます。 このモデルは、新しいコントリビュータにとって摩擦が減り、事前に調整することなく人々が独立して作業できることから、オープンソースプロジェクトでよく使われます。

ヒント:オープンソースに関する詳しい情報、特にオープンソースプロジェクトの立ち上げと成長させる方法について、健全なオープンソースコミュニティの育成を支援するOpen Source Guidesを作成しました。 オープンソースコミュニティの管理に関する無料のGitHub Learning Labコースを利用することもできます。

共有リポジトリモデルでは、コラボレータは単一の共有リポジトリへのプッシュアクセスが許可され、変更の必要がある場合にはトピックブランチが作成されます。 このモデルでは、メインの開発ブランチに変更がマージされる前に、一連の変更についてコードレビューと一般的な議論を始めることができるので、プルリクエストが役に立ちます。 このモデルは、プライベートなプロジェクトで協力する小さなTeamやOrganizationで普及しています。

参考リンク

Did this doc help you?