ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ユーザーアカウントのリポジトリ権限レベル

ユーザーアカウントが所有するリポジトリは、リポジトリオーナーコラボレーターという 2 つの権限レベルを持ちます。

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.

ヒント: ユーザーアカウントが所有しているリポジトリに対して、より精細な読み取り/書き込みアクセス権が必要な場合には、リポジトリを Organization に移譲することを検討してください。 詳細は「リポジトリを移譲する」を参照してください。

ユーザーアカウントが所有しているリポジトリに対するオーナーアクセス権

リポジトリオーナーは、リポジトリを完全に制御することができます。 リポジトリコラボレータによって許可されるすべての権限に加えて、リポジトリオーナーは次の操作が可能です:

ユーザアカウントが所有するリポジトリのオーナーは 1 人だけです。この権限を他のユーザアカウントと共有することはできません。 リポジトリの所有権を他のユーザに委譲するには、「リポジトリを委譲する方法」を参照してください。

ユーザーアカウントが所有しているリポジトリに対するコラボレーターアクセス権

メモ: プライベートリポジトリでは、リポジトリオーナーはコラボレーターに書き込みアクセスしか付与できません。 コラボレーターが、ユーザアカウントによって所有されているリポジトリに対して「読み取りのみ」アクセス権を持つことはできません。

個人リポジトリでのコラボレーターは、次の操作が可能です:

  • リポジトリに対してプッシュする (書き込む)、プル (読み取る)、フォーク (コピーする)
  • ラベルとマイルストーンを作成、適用、削除する
  • Issue をオープン、再オープン、割り当てする
  • コミット、プルリクエスト、Issue に対するコメントを編集および削除する
  • Issue またはプルリクエストを重複としてマークする。 詳細は「重複した Issue やプルリクエストについて」を参照してください。
  • Open, merge and close pull requests
  • 提案された変更をプルリクエストに適用する。 詳細は「プルリクエストでのフィードバックを取り込む」を参照してください。
  • Send pull requests from forks of the repository
  • ウィキを作成および編集する
  • リリースの作成と編集。 詳細は「リポジトリのリリースを管理する」を参照してください。
  • リポジトリでコラボレーターである自身を削除する
  • マージ可能性に影響するプルリクエストレビューをサブミットする
  • リポジトリに指定されたコードオーナーとして行動する。 詳細は「コードオーナーについて」を参照してください。
  • 会話をロックする。 For more information, see "Locking conversations."
  • 他のリポジトリへ Issue を移譲する。 詳細は「他のリポジトリへ Issue を移譲する」を参照してください。

参考リンク

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.