ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2021-02-11. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

GitHub の製品

ここには以下の内容があります:

GitHubでは無償版と有償版の製品をご用意しています。 各製品の料金と機能の全リストは https://github.com/pricing に掲載されています。 For information on planned features and products, see the GitHub public roadmap.

ユーザアカウント用のGitHub Free

ユーザアカウント用のGitHub Freeでは、完全な機能セットを持つ無制限のパブリックリポジトリ上で無制限のコラボレータと、そして限定された機能セットを持つ無制限のプライベートリポジトリ上で作業ができます。

GitHub Freeでは、ユーザアカウントには以下が含まれます。

  • GitHub Community Support
  • Dependabot alerts
  • 2 要素認証の強制
  • 2,000 GitHub Actions 分
  • 500MBのGitHub Packagesストレージ

GitHub Pro

ユーザアカウント用のGitHub Freeで利用できる機能に加え、GitHub Proには以下が含まれます。

  • メールでのGitHub Support
  • 3,000 GitHub Actions 分
  • 2GBのGitHub Packagesストレージ
  • プライベートリポジトリでの高度なツールとインサイト:
    • 必須のプルリクエストレビュー担当者
    • 複数のプルリクエストレビュー担当者
    • 自動リンクのリファレンス
    • GitHub Pages
    • Wiki
    • 保護されたブランチ
    • コードオーナー
    • リポジトリインサイトグラフ: パルス、コントリビューター、トラフィック、コミット、コード頻度、ネットワーク、およびフォーク

Organization の GitHub Free

OrganizationのGitHub Freeでは、完全な機能セットを持つ無制限のパブリックリポジトリ上で無制限のコラボレータ、あるいは限定された機能セットを持つ無制限のプライベートリポジトリで作業ができます。

ユーザアカウント用のGitHub Freeで利用できる機能に加えて、OrganizationのGitHub Freeには以下が含まれます。

  • GitHub Community Support
  • Team ディスカッション
  • グループを管理するための Team アクセスコントロール
  • 2,000 GitHub Actions 分
  • 500MBのGitHub Packagesストレージ

GitHub Team

OrganizationのGitHub Freeで利用できる機能に加えて、GitHub Teamには以下が含まれます。

  • メールでのGitHub Support
  • 3,000 GitHub Actions 分
  • 2GBのGitHub Packagesストレージ
  • プライベートリポジトリでの高度なツールとインサイト:
    • 必須のプルリクエストレビュー担当者
    • 複数のプルリクエストレビュー担当者
    • GitHub Pages
    • Wiki
    • 保護されたブランチ
    • コードオーナー
    • リポジトリインサイトグラフ: パルス、コントリビューター、トラフィック、コミット、コード頻度、ネットワーク、およびフォーク
    • ドラフトプルリクエスト
    • Teamのプルリクエストレビュー担当者
    • スケジュールされたリマインダー

GitHub Actions usage is free for public repositories and self-hosted runners. プライベートリポジトリでは、それぞれのGitHubアカウントは使用している製品に応じて一定量の無料の分とストレージを受け取ります。

GitHub Enterprise

GitHub Enterprise には、クラウドホストとセルフホストの 2 種類のデプロイメントオプションがあります。

GitHub Team で利用可能な機能に加えて、GitHub Enterprise には以下が含まれます。

  • GitHub Enterprise Support
  • 追加のセキュリティ、コンプライアンス、およびデプロイメントコントロール
  • SAML シングルサインオンでの認証
  • SAML または SCIM でのアクセスのプロビジョニング
  • GitHub Connect

GitHub Enterprise Cloud には次も含まれます:

  • GitHub Enterprise Support。 詳細は「GitHub Enterprise Cloud サポート」および「GitHub Enterprise Cloud 補遺」を参照してください。
  • 50,000 GitHub Actions 分
  • 50GBのGitHub Packagesストレージ
  • 99.9% の月次稼働時間を保証するサービスレベルアグリーメント
  • エンタープライズアカウントで複数の GitHub.com Organization に対してポリシーと請求を一元管理するためのオプション。 詳細は「Enterprise アカウントについて」を参照してください。

GitHub Enterprise Cloud を評価するためのトライアルを設定できます。 詳しい情報については、「GitHub Enterprise Cloud のトライアルを設定する」を参照してください。

GitHub Enterprise Serverの独自インスタンスのホストに関する詳しい情報については、GitHubの営業チームに連絡してください。 GitHub Enterprise Server を評価するためのトライアルをリクエストできます。 詳しい情報については、「GitHub Enterprise Server のトライアルを設定する」を参照してください。

GitHub One

GitHub One には GitHub Enterprise と、以下が含まれます。

GitHub One へのサインアップの詳細については、GitHub Enterprise Server の販売チームにお問い合わせください。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.