Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Working with the Docker registry

The Docker registry has now been replaced by the コンテナレジストリ.

GitHub Packages is available with GitHub Free, GitHub Pro, GitHub Free for organizations, GitHub Team, GitHub Enterprise Cloud, GitHub Enterprise Server 3.0 or higher, and GitHub AE.


GitHub Packagesは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。 Also, accounts using legacy per-repository plans cannot access the コンテナレジストリ since these accounts are billed by repository. 詳しい情報については「[GitHubの製品](/get-started/learning-about-github/githubs-products)」を参照してください。

GitHub's Docker registry (which used the namespace docker.pkg.github.com) has been replaced by the コンテナレジストリ (which uses the namespace https://ghcr.io). The コンテナレジストリ offers benefits such as granular permissions and storage optimization for Docker images.

Docker images previously stored in the Docker registry are being automatically migrated into the コンテナレジストリ. For more information, see "Migrating to the コンテナレジストリ from the Docker registry" and "Working with the コンテナレジストリ."