Skip to main content

パッケージの表示

リポジトリに公開されたパッケージの詳細を表示し、Organization またはユーザごとに結果を絞り込むことができます。

Who can use this feature

You must have at least read permissions to view a package.

GitHub Packages は、GitHub Free、GitHub Pro、Organization の GitHub Free、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server 3.0 以降、GitHub AE で利用できます。
GitHub Packagesは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。 また、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントは、リポジトリごとに課金される Container registry にはアクセスできません。 詳細については、「GitHub's products」を参照してください。

リポジトリのパッケージを表示する

パッケージを見ることができるかどうかは、いくつかの要素に依存します。 デフォルトでは、公開したパッケージはすべて見ることができます。

リポジトリをスコープとするパッケージは、そのパッケージを所有するリポジトリから権限と可視性を継承します。 以下のレジストリでは、この種類のアクセス許可 のみ が使用されます。

  • Docker レジストリ (docker.pkg.github.com)

  • RubyGemsレジストリ

  • Apache Mavenレジストリ

  • NuGetレジストリ

    Container registry and npm registryでは、個人ユーザーまたは組織アカウントが所有する各パッケージごとにカスタマイズできる、細かいアクセス許可と可視性設定のオプションが提供されます。 詳細な権限を利用することも、パッケージをレジストリに接続してその権限を継承することもできます。 詳細については、「リポジトリのパッケージへの接続」を参照してください。

詳細については、「GitHub Packages の権限について」および「パッケージのアクセス制御と可視性の設定」を参照してください。

パッケージのページでは、GitHubは各バージョンについて公開日などのメタデータを提供しています。 説明やインストール、利用方法などを含むパッケージの詳細を見ることができます。 そのパッケージに関連するあらゆるアセットをダウンロードでき、ダウンロードのアクティビティの情報を見ることができます。 パッケージ ページの例については、@Codertocat/hello-world-npm を参照してください。

リポジトリのパッケージを表示する

特定のリポジトリにあるパッケージを見つけて表示できます。

  1. GitHub.com で、リポジトリのメイン ページへ移動します。 1. ファイルの一覧の右側にある [パッケージ] をクリックします。 リポジトリの概要ページの [パッケージ] リンク 1. 表示させたいパッケージの名前をクリックしてください。 パッケージ名

Organization のパッケージを表示する

自分が所属するOrganizationのリポジトリにあるパッケージを見つけて表示できます。

  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真をクリックし、 [自分の Organization] をクリックします。 プロファイル メニューの組織 2. Organizationの名前をクリックしてください。 Organization のリスト内の Organization 名
  2. 組織名の下にある [パッケージ] をクリックします。
  3. 表示させたいパッケージの名前をクリックしてください。 パッケージ名

パッケージを表示する

すべてのOrganization及びリポジトリで、自分が公開したパッケージを見つけて表示できます。

  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真をクリックし、 [自分のプロファイル] をクリックします。 プロファイル写真
  2. プロファイル ページの一番上のメイン ナビゲーションにある [パッケージ] をクリックします。 [プロジェクト] タブ 1. 表示させたいパッケージの名前をクリックしてください。 パッケージ名

参考資料