Skip to main content

Creating an advanced setup for code scanning

code scanning 構成をより細かく制御するには、code scanning の詳細設定を使用してコードを保護できます。  

この機能を使用できるユーザーについて

Code scanning は、GitHub.com のすべてのパブリック リポジトリに使用できます。 Organization によって所有されるプライベート リポジトリで code scanning を使うには、GitHub Advanced Security のライセンスが必要です。 詳しくは、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。

Creating an advanced setup for code scanning

For more granular control over your code scanning configuration, you can secure your code with advanced setup for code scanning.

をカスタマイズして、コード スキャンの詳細設定を行う

詳細設定 がプロジェクト内のコードの脆弱性とエラーをスキャンする方法をカスタマイズできます。

コンパイル済み言語の CodeQL コード スキャン

コンパイル済み言語のコードをビルドするために CodeQL 分析で使用される自動ビルド メソッドを理解し、必要に応じてビルド コマンドをカスタマイズする方法について説明します。

Creating an advanced setup for code scanning

For more granular control over your code scanning configuration, you can secure your code with advanced setup for code scanning.

CodeQL を実行するための推奨ハードウェア リソース

コードベースのサイズに基づいて、セルフホステッド マシンで CodeQL 分析を実行するための推奨仕様 (RAM、CPU コア、ディスク)。

コンテナで CodeQL Code scanningを実行する

すべてのプロセスが同じコンテナで動作するようにすることで、code scanning を実行できます。