Skip to main content

コンカレンシーの使用

一度に 1 つのジョブを実行します。

概要

注: ジョブ レベルでコンカレンシーが指定されている場合、ジョブの順序は保証されないか、互いに 5 分以内にそのキューを実行します。

同じコンカレンシー グループを使うジョブまたはワークフローを一度に 1 つだけ実行するには、jobs.<job_id>.concurrency を使います。 並行処理グループには、任意の文字列または式を使用できます。 式は、secrets コンテキストを除く任意のコンテキストを使用できます。 式について詳しくは、「」を参照してください。

ワークフロー レベルで concurrency を指定することもできます。 詳細については、「concurrency」を参照してください。

並行ジョブかワークフローがキューに入っている場合、リポジトリ内の同じ並行グループを使う他のジョブかワークフローが進行中だと、キューイングされたジョブかワークフローは pending になります。 この並行グループ内の以前の保留中のジョブもしくはワークフローは、キャンセルされます。 同じコンカレンシー グループ内の現在実行中のジョブかワークフローもキャンセルするには、cancel-in-progress: true を指定します。

並行性とデフォルトの動作の使用例

concurrency: staging_environment
concurrency: ci-${{ github.ref }}

並行性を使って進行中のジョブもしくは実行をキャンセルする例

concurrency: 
  group: ${{ github.ref }}
  cancel-in-progress: true

例: フォールバック値の使用

特定のイベントにのみ定義されるプロパティでグループ名を作成する場合、フォールバック値を使用できます。 たとえば、github.head_refpull_request イベントにのみ定義されます。 ワークフローが pull_request イベントに加えて他のイベントにも応答する場合、構文エラーを回避するためにフォールバックを指定する必要があります。 次のコンカレンシー グループは、pull_request イベントで進行中のジョブか実行のみを取り消します。github.head_ref が未定義の場合、コンカレンシー グループは実行 ID にフォールバックします。これは、一意であり、実行に対して定義されていることが保証されています。

concurrency: 
  group: ${{ github.head_ref || github.run_id }}
  cancel-in-progress: true

例: 現在のワークフローで進行中のジョブまたは実行のみを取り消します

同じリポジトリに複数のワークフローがある場合、他のワークフローの進行中のジョブまたは実行が取り消されないように、コンカレンシー グループ名はワークフロー間で一意である必要があります。 そうでない場合、ワークフローに関係なく、以前に進行中または保留中のジョブが取り消されます。

同じワークフローの進行中の実行だけを取り消すには、github.workflow プロパティを使ってコンカレンシー グループを構築します。

concurrency: 
  group: ${{ github.workflow }}-${{ github.ref }}
  cancel-in-progress: true

組織または企業の現在のジョブの監視

コンカレンシーまたはキューに関する制約を特定するには、組織や企業で GitHub ホステッド ランナーで現在処理されているジョブの数を確認できます。

アクティブなジョブの一覧のスクリーンショット

詳細については、「現在のジョブの監視」を参照してください。