Skip to main content
ドキュメントへの更新が頻繁に発行されており、このページの翻訳はまだ行われている場合があります。 最新の情報については、「英語のドキュメント」を参照してください。

GitHub Actions の課金について

アカウントに含まれるストレージや利用時間 (分) を超えてGitHub Actionsを使用したい場合は、追加の使用分が請求されます。

GitHub Actions の課金について

GitHub Actions の使用は、パブリック リポジトリの標準の GitHub ホステッド ランナーとセルフホステッド ランナーの場合は無料です。 プライベート リポジトリでは、GitHub ホステッド ランナーでの使用を対象として、GitHub アカウントで使用されている製品に応じた無料の使用時間 (分) とストレージが各アカウントに付与されます。 含まれる量を超える使用は、使用制限によって制御されます。

月ごとの請求のお客様の場合、アカウントには既定の使用制限として 0 米ドル (USD) が設定されます。これにより、プライベート リポジトリで、そのアカウントに含まれる容量を超える追加の時間 (分) やストレージが使われるのを防ぐことができます。 アカウントを請求書で支払っている場合、そのアカウントの既定の使用制限は無制限となります。詳細については、「使用制限について」を参照してください。

時間 (分) は毎月リセットされますが、ストレージはリセットされません。

含まれるストレージと分

: 2 コアを超える Windows ランナーおよび Ubuntu ランナーには、エンタイトルメント (分) を使用できません。 これらのランナーは、パブリック リポジトリを含め、常に課金されます。 詳しくは、ランナーの 1 分あたりの料金に関するページを参照してください。

製品Storage分 (月あたり)
GitHub Free500 MB2,000
GitHub Pro1 GB3,000
組織の GitHub Free500 MB2,000
GitHub Team2 GB3,000
GitHub Enterprise Cloud50 GB50,000

GitHubがホストするWindows及びmacOSのランナー上で実行されるジョブは、Linuxのランナー上のジョブの消費に対して2倍及び10倍の分を消費します。 たとえば、Windows で 1,000 分使用すると、アカウントに含まれている 2,000 分が消費されます。 macOS で 1,000 分使用すると、アカウントに含まれている 10,000 分が消費されます。

分の倍率

オペレーティング システム分の倍率
Linux1
macOS10
Windows2

リポジトリが使用するストレージは、GitHub Actionsの成果物とGitHub Packagesの消費の合計のストレージです。 ストレージのコストは、お客様のアカウントで所有しているすべてのリポジトリの合計使用量です。 GitHub Packages の価格について詳しくは、「GitHub Packages の課金について」を参照してください。

アカウントによる使用がこれらの制限を超え、使用制限を 0 米国ドルより上に設定している場合、日ごとにストレージの GB あたり 0.008 米国ドル、そして GitHub ホステッド ランナーで使用されるオペレーティング システムに応じた使用量を分単位で支払うことになります。 GitHub は、各ジョブが使った分と分未満をもっとも近い分に切り上げます。

注: 分の乗数は、以下に示す分あたりの料金には適用されません。

分あたりの料金

オペレーティング システムコア分あたりの料金(米ドル)
Linux2$0.008
macOS3$0.08
Windows2$0.016
  • アカウントもしくはOrganization内のすべてのリポジトリにわたって同時に実行できるジョブ数は、あなたのGitHubのプランによります。 詳細について、GitHub ホステッド ランナーに関しては「使用制限と課金」を、セルフホステッド ランナーの使用制限に関しては「セルフホステッド ランナーについて」を参照してください。
  • 支払い設定と有料の機能は、アカウントごとに個別に管理しなければなりません。 個人アカウント、Organizationアカウント、Enterpriseアカウントの設定は、各設定ページのコンテキストスイッチャを使って切り替えできます。 詳細については、「様々なアカウントの設定の切り替え」を参照してください。
  • より大きなランナー の場合、パブリック静的 IP アドレスを より大きなランナー に割り当てる構成に追加のコストは発生しません。 より大きなランナー について詳しくは、「より大きなランナー の使用」を参照してください。
  • より大きなランナー にはエンタイトルメント (分) を使用できません。
  • より大きなランナー は、パブリック リポジトリについては無料ではありません。

利用時間 (分) とストレージ消費量の計算

消費型サービスのコストを見積もるために、GitHub 料金計算ツールを使用できます。

月末に、GitHubはアカウントに含まれている量に対して使用された分とストレージのコストを計算します。

分のコスト計算例

たとえば、OrganizationがGitHub Teamを使用しており、使用量に制限をしていない場合、5,000分を使用すればジョブを実行しているオペレーティングシステムによって、合計でストレージと分は56米ドルの超過コストになるかもしれません。

  • 5,000 (3,000 Linux と 2,000 Windows) 分 = 56米ドル (24米ドル + 32米ドル)。
    • 単価 0.008米ドル で 3,000 Linux 分 = 24米ドル。
    • 単価 0.016米ドル で 2,000 Windows 分 = 32米ドル。

GitHub 毎月の利用状況は、その月の時間あたりの利用状況に基づいて計算されます。

ストレージのコスト計算例

たとえば、3 月の 10 日間に 3 GB のストレージを使用し、3 月の 21 日間に 12 GB 使用した場合、ストレージの使用量は次のようになります。

  • 3 GB x 10日 x (1日24 時間) = 720 GB時間
  • 12 GB x 21日 x (1日24 時間) = 6,048 GB時間
  • 720 GB時間 + 6,048 GB時間 = 6,768 GB時間
  • 6,768 GB時間 / (月あたり744時間) = 9.0967 GB月

月末に、GitHubはストレージ使用量を最も近いGBに丸めます。 そのため、3 月のストレージ使用量は 9.097 GB になります。

GitHub Actions の利用については、アカウントの既存の請求日、支払い方法、領収書が共有されます。 GitHub.com でアカウントのすべてのサブスクリプションを表示するには、「プランと請求日を表示する」を参照してください。

利用上限について

月ごとの請求のお客様の場合、アカウントには既定の使用制限として 0 米ドル (USD) が設定されます。これにより、プライベート リポジトリで、そのアカウントに含まれる容量を超える追加の時間 (分) やストレージが使われるのを防ぐことができます。 アカウントを請求書で支払っている場合、そのアカウントの既定の使用制限は無制限となります。

無制限の支払い制限あるいは 0 米国ドル以上に設定された支払い制限がある場合、アカウントに含まれる額を超えた追加の分数やストレージに対して課金されます。これは超過分とも呼ばれます。 GitHubは、ワークフローが実行されたリポジトリを所有するアカウントに利用分を課金します。 アカウントのクーポンは、GitHub Actionsの超過分には適用されません。

超過分は、請求期間に関係なく、常に毎月請求されます (アカウントが毎年請求されている場合でも同様です)。

アカウントの使用制限の管理と変更については、「GitHub Actions の使用制限の管理」を参照してください。

アカウントに未処理の未払い料金がある場合:

  • GitHub ActionsとGitHub Packagesのアカウントに含まれるストレージや分は、支払いの処理が成功するまでリセットされません。
  • 現在の支払い期間に対して残っているストレージや分をもつアカウントに対して、GitHub Actions及びGitHub Packagesは、含まれる利用に到達するまでは引き続き利用できます。
  • GitHub ActionsあるいはGitHub Packagesに対する現在の支払い期間に含まれる利用に達したアカウントについては、GitHub ActionsとGitHub Packagesはどちらもそれ以上の超過を避けるため、無効化されます。