Skip to main content

GitHub パッケージの利用上限を管理する

GitHub Packages の使用に対して利用上限を設定できます。

GitHub Packages は、GitHub Free、GitHub Pro、Organization の GitHub Free、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server 3.0 以降、GitHub AE で利用できます。
GitHub Packagesは、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントが所有しているプライベートリポジトリでは利用できません。 また、レガシーのリポジトリごとのプランを使っているアカウントは、リポジトリごとに課金される Container registry にはアクセスできません。 詳細については、「GitHub's products」を参照してください。

GitHub Packages の利用上限について

GitHub Packagesの利用は、パブリックパッケージについては無料です。 プライベート パッケージについては、GitHub.com の各アカウントは、一定量の無料のストレージとデータ転送を、そのアカウントで使っている製品に応じて受け取ります。 含まれる量を超える使用は、使用制限によって制御されます。

月額料金のお客様の場合、既定のアカウントの料金の上限は 0 米国ドル (USD) になっており、含まれている量に達した後に追加でストレージやデータ転送が利用されないようになっています。 アカウントを請求書で支払っている場合、そのアカウントの既定の使用制限は無制限となります。

特定の利用上限を設定したり、一部のアカウントに対して無制限の利用を許可したりすることができます。 利用上限は、GitHub Packages と GitHub Actions を組み合わせた範囲に適用されます。GitHub Packages の使用に対する価格の詳細については、「GitHub Packages の課金について」を参照してください。

$0 以外の利用上限を設定すると、直ちに現在の支払い期間中の超過分について責任が生じます。 たとえば、Organizationで GitHub Team を使用していて超過を許可しておらず、月あたりのストレージ使用量が1.9GBから2.1GBに増えるプライベートパッケージの新しいバージョンを発行した場合、ストレージは製品に含まれる2GBをわずかに超えることになります。

超過を有効にしていなかったため、次にパッケージのバージョンを発行しようとしても失敗します。 その月の0.1GBの超過分について請求書は発行されません。 ただし、超過分を有効にすると、最初の請求には、現在の支払いサイクルの既存の超過分 0.1GB と、発生した追加の超過分が含まれます。

個人アカウントの GitHub Packages に対する利用上限を管理する

自身の個人アカウントに対する GitHub Packages の利用上限は、誰でも管理できます。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン 1. サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ Billing and plans](課金とプラン) をクリックします。 1. ページの上部の [支払い情報] で、 [使用限度の管理] をクリックします。 使用限度の管理のリンク 1. "Monthly spending limit(月額の料金上限)"の下で、料金の上限もしくは料金無制限を選択してください。 支出を制限するか、無制限の支出を許可するラジオ ボタン 1. 使用制限を選択した場合は、[Limit spending](使用制限) に制限を入力し、 [Update limit](制限の更新) をクリックします。 使用制限を入力するフィールドと [Update limit](制限の更新) ボタン

Organizationの GitHub Packages に対する利用上限を管理する

Organization の GitHub Packages については、Organizationのオーナーと支払いマネージャーが利用上限を管理できます。

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロファイルの画像をクリックし、次に[設定]をクリックします。

    ユーザバーの [Settings(設定)] アイコン

  2. サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ Organizations] をクリックします。

  3. 組織の隣の [設定] をクリックします。 [設定] ボタン

  4. Organization の所有者の場合は、サイドバーの [アクセス] セクションで、 [ 課金とプラン] をクリックします。 1. ページの上部の [支払い情報] で、 [使用限度の管理] をクリックします。 使用限度の管理のリンク 1. [毎月の使用制限] で [アクション & パッケージ] まで下にスクロールし、支出を制限するか、無制限の支出を許可するか選びます。 料金を制限するか、無制限にするかのラジオボタン 1. 使用制限を選択した場合は、[Limit spending](使用制限) に制限を入力し、 [Update limit](制限の更新) をクリックします。 使用制限を入力するフィールドと [Update limit](制限の更新) ボタン

使用状況の管理と利用上限のメール通知

メール通知は、利用量がアカウントに含まれる使用量の 50%、75%、90%、100% に達したときと、利用量がアカウントの利用上限の 50%、75%、90%、100% に達したときに、アカウントのオーナーと支払いマネージャーに送信されます。

これらの通知は、 [利用上限] ページの下部にアクセスしていつでも無効化できます。

支払いのメール通知設定のスクリーンショット