Skip to main content

サポートチケットの作成

GitHub Support ポータル を使ってサポート チケットを作成し、GitHub Support とお話ください。

サポート チケットについて

アカウントで有料の GitHub 製品を使用している場合、または有料製品を使用する Organization のメンバーである場合は、直接 GitHub Support に問い合わせてください。 アカウントで GitHub Free を使用している場合は、ほとんどの問題について GitHub コミュニティのディスカッション で GitHub ユーザーおよびスタッフと話すことができます。また、アカウント、セキュリティ、不正使用の問題について、GitHub Support に問い合わせ、報告することができます。

チケットを作成すると、GitHub Support ポータル の GitHub Support からチケットと応答を表示できます。 詳細については、「サポート チケットの表示と更新」を参照してください。

サポート チケットに含める内容

GitHub Support に問題を理解、特定、再現するために必要なすべてのものを提供することで、解決を高速化し、サポート チームとの間のやり取りを減らします。 GitHub Support から支援を受けられるように、チケットを作成する際には次の点を考慮してください。

  • GitHub Support による問題の追跡、優先順位付け、再現、調査を支援する情報の取得
  • 可能な限り、完全な URL、リポジトリ名、ユーザー名を含めます。
  • 可能であれば問題を再現し、問題発生の手順を共有できるようにしてください。
  • 問題の詳細な説明と期待される結果を提供できるように準備してください。
  • 問題に関連するすべてのエラーメッセージをそのままコピーしてください。
  • GitHub Support との進行中のやりとりがあれば、既存のチケット番号があるかを確認してください。
  • 関連するログを含め、問題を示すスクリーンショットを添付します。

  1. GitHub Support ポータル に移動します。
  2. [Account or organization](アカウントまたは組織) ドロップダウン メニューを選択し、サポート チケットに関連するアカウントの名前をクリックします。 [Account or organization](アカウントまたは組織) ドロップダウン メニューのスクリーンショット。
  3. [From](差出人) ドロップダウン メニューを選択して、GitHub Support の連絡先にしたいメール アドレスをクリックします。 [From](差出人) ドロップダウン メニューのスクリーンショット。
  4. [Subject] には、サブミットしようとしている問題がわかりやすい題名を入力してください。 [Subject](件名) テキスト ボックスのスクリーンショット。
  5. [How can we help] には、Support チームが問題のトラブルシューティングをするうえで役立つと考えられる追加情報をすべて入力してください。 マークダウンを使用してメッセージを書式設定できます。 [How can we help](どのようなご用件ですか) テキスト領域のスクリーンショット。 有益な情報の例としては、以下のようなものがあります:
    • 問題を再現する手順

    • 問題を発見したときの特殊な状況 (たとえば、最初に発生したときや特定のイベントの後に発生したとき、発生頻度、問題のビジネスへの影響、緊急性の示唆など)

    • エラー メッセージ

      警告: pull request、issue のコメント、または GitHub Support ポータル のチケットにファイルを添付した場合、その pull request がプライベート リポジトリにあっても、匿名化された URL を誰でも認証なしに見ることができます。 機密性の高いメディア ファイルを非公開にしておきたい場合は、認証を必要とするプライベート ネットワークやサーバーから配信してください。 匿名化された URL の詳細については、「匿名化された URL について」を参照してください。

      の正確な表現
  6. [Send request](要求を送信する) をクリックします。 [Send request](要求を送信する) ボタンのスクリーンショット。

参考資料