ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

チケットのサブミット

GitHub Enterprise サポートページを使って、GitHub Support にチケットをサブミットできます。

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

自分のアカウントで有料の GitHub 製品を使用している場合は、GitHub Support に直接問い合わせることができます。 ユーザアカウントまたは Organization の GitHub Free を使用している場合は、GitHub Supportまたは GitHub Premium Support に連絡してアカウント、セキュリティ、悪用の問題を報告できます。 詳しい情報については、「GitHub Supportについて」を参照してください。

GitHub Enterprise Server、GitHub Enterprise Cloud、または Premium プラン を使っている場合、GitHub Enterprise Supportポータル でチケットをサブミットする必要があります。

GitHub Support ページ を使ってチケットをサブミットする

  1. GitHub Support ページ に移動します。
  2. [Name] に名前を入力します。
    名前フィールド
  3. [Email] ドロップダウンメニューを使って、GitHub Support の連絡先にしたいメールアドレスを選択します。
    メールフィールド
  4. [Subject] には、サブミットしようとしている問題がわかりやすい題名を入力してください。
    Subject field (題名)
  5. [How can we help] には、Support チームが問題のトラブルシューティングをするうえで役立つと考えられる追加情報をすべて入力してください。 有益な情報の例としては、以下のようなものがあります:
    [How can we help] フィールド
    • 問題を再現する手順
    • 問題が発見された状況に特徴的なこと (たとえば初回の発生、あるいは特定の事象の後の発生、発生頻度、問題のビジネス上の影響、想定される緊急度)
    • 正確なエラーメッセージ
  6. 必要に応じて、クリップボードからドラッグ、ドロップ、アップロードやペーストでファイルを添付します。
  7. [Send request] をクリックします。
    [Send request] ボタン

GitHub Enterprise Supportポータル を使ってチケットをサブミットする

  1. GitHub Enterprise Supportポータル に移動します。
  2. [Submit a Ticket] をクリックします。
    Enterprise Support チームにチケットをサブミットする
  3. "Your email address(メールアドレス)"の下に、GitHubアカウントに関連づけられるメールアドレスを入力してください。
    [Your email address] フィールド
  4. "Subject(題名)"の下に、問題を説明するタイトルを入力してください。
    Subject field (題名)
  5. "Description(説明)"の下に、GitHub Enterprise Supportチームによる問題のトラブルシュートの助けになる追加情報があれば入力してください。 有益な情報の例としては、以下のようなものがあります:
    説明フィールド
    • 問題を再現する手順
    • 問題が発見された状況に特徴的なこと (たとえば初回の発生、あるいは特定の事象の後の発生、発生頻度、問題のビジネス上の影響、想定される緊急度)
    • 正確なエラーメッセージ
  6. GitHub Enterprise Product(GitHub Enterprise製品)ドロップダウンメニューから、GitHub Enterprise Cloudを選択してください。
    Priority (優先度) のドロップダウンメニュー
  7. "Priority(緊急度)"ドロップダウンメニューから、適切な緊急度を選択してください。 詳しい情報については「サポートチケットへの優先度の割り当て」を参照してください。
    Priority (優先度) のドロップダウンメニュー
    • 重大なシステムの障害を報告するには、 Urgentを選択してください。
    • センシティブなデータ(コミット、Issue、プルリクエスト、アップロードされた添付ファイル)の自分のアカウントとOrganizationのリストアからの削除を含むビジネスにインパクトのある問題をレポートしたり、重大なバグのレポートをしたりするにはHighを選択してください。
    • アカウントの回復やスパム認定の取り消しのリクエスト、ユーザーログインの問題のレポートや、重大ではないバグのレポートには、Normalを選択してください。
    • 一般的な質問や、新機能のリクエストのサブミット、購入、トレーニング、ヘルスチェックについてはLowを選択してください。
  8. "Global Region(グローバルリージョン)"ドロップダウンメニューから、APAC (アジアパシフィック)、EMEA (ヨーロッパ、中東、アフリカ)、Americaのいずれかを自分の地域として選択してください。
    [Global Region] ドロップダウンメニュー
  9. Add file(ファイルの追加)をクリックし、ダウンロードしたDiagnosticsファイルを添付して、Diagnosticsをサポートチケットに含めてください。
    [Add file] ボタン
  10. Submit(サブミット)をクリックしてください。

参考リンク

Did this doc help you?