Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
GitHub AEは、現在限定リリース中です。詳細については営業チームにお問い合わせください。

パッケージを削除および復元する

パッケージの削除と復元の方法を学びます。

GitHubにおけるパッケージの削除および復元のサポート

GitHubでは、必要なアクセス権がある場合、以下を削除できます。

  • プライベートパッケージ全体
  • パッケージの全バージョンでダウンロード数が5000以下の場合、パブリックパッケージ全体
  • プライベートパッケージの特定のバージョン
  • パッケージバージョンのダウンロード数が5000以下の場合、パブリックパッケージの特定のバージョン

注釈:

  • パッケージのいずれかのパージョンでダウンロード数が5000を超えている場合は、パブリックパッケージを削除できません。 この場合は、GitHubサポートまでお問い合わせください。
  • パブリックパッケージを削除する場合、そのパッケージに依存するプロジェクトを破壊する可能性があることに注意してください。

GitHubでは、以下の場合にパッケージ全体またはパッケージバージョンを復元できます。

  • 削除後30日以内にパッケージを復元する。
  • 同一のパッケージ名前空間が使用可能であり、新しいパッケージで使用されていない。

パッケージの削除や復元に必要な権限

リポジトリからアクセス権限を継承しているパッケージの場合、そのリポジトリに対する管理者権限がある場合はパッケージを削除できます。

GitHub Packages上でリポジトリのスコープが付いたパッケージには、以下が挙げられます。

  • npm
  • RubyGems
  • maven
  • Gradle
  • NuGet -docker.pkg.github.com/OWNER/REPOSITORY/IMAGE-NAMEにあるDockerイメージ

パッケージのバージョンを削除する

GitHub上でリポジトリのスコープが付いたバージョンを削除する

リポジトリのスコープが付いたパッケージのバージョンを削除するには、パッケージを所有するリポジトリの管理者権限が必要です。 詳しい情報については、「必要な権限」を参照してください。

  1. your enterpriseで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. ファイルのリストの右で、Packagesをクリックしてください。

    概要ページのパッケージリンク

  3. パッケージを検索して選択してください。

  4. パッケージのランディングページの右上で、Package settings(パッケージ設定)をクリックしてください。 パッケージ設定ボタン

  5. 左にある [Manage versions] をクリックします。

  6. 削除するバージョンの右側で、 をクリックした後、[Delete version] を選択します。 パッケージバージョンの削除ボタン

  7. 削除を確認するために、パッケージ名を入力してI understand the consequences, delete this version(生じることを理解したので、このバージョンを削除してください)をクリックしてください。 パッケージの削除の確認ボタン

パッケージ全体を削除する

GitHub上でリポジトリのスコープが付いたパッケージ全体を削除する

リポジトリのスコープが付いたパッケージ全体を削除するには、パッケージを所有するリポジトリの管理者権限が必要です。 詳しい情報については、「必要な権限」を参照してください。

  1. your enterpriseで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. ファイルのリストの右で、Packagesをクリックしてください。

    概要ページのパッケージリンク

  3. パッケージを検索して選択してください。

  4. パッケージのランディングページの右上で、Package settings(パッケージ設定)をクリックしてください。 パッケージ設定ボタン

  5. [Danger Zone] の下にある [Delete this package] をクリックします。

  6. 確認メッセージを読み、パッケージ名を入力してから、[I understand, delete this package.] をクリックします。 パッケージの削除の確認ボタン

パッケージを復元する

以下の場合、削除したパッケージまたはバージョンを復元できます。

  • 削除後30日以内にパッケージを復元する。
  • 同一のパッケージ名前空間がまだ使用可能であり、新しいパッケージで再使用されていない。

たとえば、リポジトリocto-repo-owner/octo-repoのスコープが付いていた、octo-packageという名前のRubygemパッケージを削除した場合、パッケージ名前空間rubygem.pkg.github.com/octo-repo-owner/octo-repo/octo-package がまだ使用可能で、かつ30日間が経過していない場合にのみ、そのパッケージを復元できます。

削除されたパッケージについては、その削除されたパッケージを所有するリポジトリに対する管理権限も持っていなければなりません。

詳しい情報については、「必要な権限」を参照してください。

パッケージが復元されると、そのパッケージは以前使用していたものと同じ名前空間を使用します。 同一のパッケージ名前空間が使用可能でない場合、パッケージを復元できません。 この場合、削除したパッケージを復元するには、まず削除したパッケージの名前空間を使用する新しいパッケージを削除する必要があります。

Organization内のパッケージを復元する

削除されたパッケージは、そのパッケージがOrganizationの所有するリポジトリ内にあったなら、Organizationアカウントの設定を通じて復元できます。

Organizationでパッケージを復元できるユーザを確認するには、「必要な権限」を参照してください。

  1. your enterpriseで、Organizationのメインページにアクセスしてください。
  2. Organization 名の下で、クリックします Settings. Organizationの設定ボタン
  3. 左側にある [Packages] をクリックします。
  4. [Deleted Packages] の、復元するパッケージの隣にある [Restore] をクリックします。 リストアボタン
  5. 確認のため、パッケージ名を入力して [I understand the consequences, restore this package] をクリックします。 パッケージ復元の確認ボタン

パッケージのバージョンを復元する

パッケージのランディングページから、パッケージのバージョンを復元できます。 パッケージを復元できるユーザを確認するには、「必要な権限」を参照してください。

  1. パッケージのランディングページに移動します。
  2. 右側にある [Package settings] をクリックします。
  3. 左にある [Manage versions] をクリックします。
  4. 左上の [Versions] ドロップダウンメニューで、[Deleted] を選択します。 削除されたバージョンを表示するドロップダウンメニュー
  5. 復元する削除されたパッケージの隣の、[Restore] をクリックします。 削除されたパッケージのバージョンの隣にある復元オプション
  6. 確認のため、[I understand the consequences, restore this version.] をクリックします。 パッケージバージョン復元の確認