Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
GitHub AEは、現在限定リリース中です。詳細については営業チームにお問い合わせください。

Secret scanningからのアラートを管理する

リポジトリにチェックインしたシークレットのアラートを表示したりクローズしたりすることができます。

Secret scanning is available for organization-owned repositories in GitHub AE. This is a GitHub Advanced Security feature (free during the beta release).

secret scanningアラートの管理

  1. Enterpriseで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. リポジトリ名の下で Security(セキュリティ)をクリックしてください。 セキュリティのタブ

  3. 左サイトバーで、[Secret scanning alerts] をクリックします。

    [Secret scanning alert] タブ

  4. [Secret scanning] の下で、表示するアラートをクリックします。

    シークレットスキャンからのアラートのリスト

  5. あるいは"Mark as"ドロップダウンメニューを選択し、アラートを解決する理由をクリックしてください。

    シークレットスキャンからのアラートを解決するためのドロップダウンメニュー

侵害されたシークレットを保護する

シークレットがリポジトリにコミットされたら、シークレットが侵害されたと考える必要があります。 GitHub は、侵害されたシークレットに対して次のアクションを行うことをおすすめします。

  • 侵害された GitHub の個人アクセストークンについては、侵害されたトークンを削除し、新しいトークンを作成し、古いトークンを使っていたサービスを更新してください。 詳しい情報についてはコマンドラインのための個人のアクセストークンの作成を参照してください。
  • それ以外のすべてのシークレットについては、最初に GitHub AE にコミットされたシークレットが有効であることを確認してください。 有効である場合は、新しいシークレットを作成し、古いシークレットを使用するサービスを更新してから、古いシークレットを削除します。