ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
GitHub AEは、現在限定リリース中です。詳細については営業チームにお問い合わせください。

About integration with code scanning

You can perform code scanning externally and then display the results in GitHub, or set up webhooks that listen to code scanning activity in your repository.

Code scanning is available as part of GitHub Advanced Security, which is free during the beta release. 詳しい情報については、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。

ノート: Code scanningは現在ベータで、変更されることがあります。

As an alternative to running code scanning within GitHub, you can perform analysis elsewhere and then upload the results. Alerts for code scanning that you run externally are displayed in the same way as those for code scanning that you run within GitHub. For more information, see "Managing code scanning alerts for your repository."

If you use a third-party static analysis tool that can produce results as Static Analysis Results Interchange Format (SARIF) 2.1.0 data, you can upload this to GitHub. For more information, see "Uploading a SARIF file to GitHub."

Integrations with webhooks

You can use code scanning webhooks to build or set up integrations, such as GitHub Apps or OAuth App, that subscribe to code scanning events in your repository. For example, you could build an integration that creates an issue on GitHub AE or sends you a Slack notification when a new code scanning alert is added in your repository. For more information, see "Creating webhooks" and "Webhook events and payloads."

Further reading

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?