ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

自動アップデートチェックの有効化

自動アップデートチェックを有効にすると、GitHub Enterprise Server インスタンス が最新の GitHub Enterprise Server リリースをチェックしてダウンロードします。

Did this doc help you?

GitHub Enterprise Server インスタンス のアップグレードパッケージが自動的にダウンロードされると、GitHub Enterprise Server をアップグレードできることを知らせるメッセージを受け取ります。 パッケージはGitHub Enterprise Server インスタンスの /var/lib/ghe-updatesディレクトリへダウンロードされます。 詳細は「GitHub Enterprise Server をアップグレードする」を参照してください。

アップグレードにホットパッチが利用できる場合、.hpkg は自動的にダウンロードします。 管理コンソールでは、ホットパッチを直ちにインストールするか、後でインストールするようにスケジュール設定するかを選択できます。 詳細は「ホットパッチ付きでアップグレードする」を参照してください。

Tip: 自動アップデートチェックを有効化するには、GitHub Enterprise Server インスタンスはhttps://github-enterprise.s3.amazonaws.comに接続できなければなりません。

  1. 任意のページの右上で をクリックします。
    サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。
    左のサイドバーのManagement Consoleタブ
  3. Management Consoleの上部でUpdates(アップデート)をクリックしてください。
    アップデートメニューアイテム
  4. Yes, automatically check for updates(はい、アップデートを自動的にチェックする)をクリックしてください。
    自動更新を有効化するためのボタン
  5. 左のサイドバーの下でSave settings(設定の保存)をクリックしてください。
    Management Console での [Save settings] ボタン
  6. 設定が完了するのを待ってください。

インスタンスが最新の状態になっているかを知るには、Updatesタブのバナーを調べてください。

GitHub Enterprise Server のリリースを示すバナー

Logs(ログ)の下で、最も直近のアップデートチェックのステータスを確認できます。

アップデートのログ

Did this doc help you?