ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.20

リポジトリの可視性について

リポジトリの可視性を選択することで、リポジトリにアクセスできるユーザを制限できます(パブリック、内部、プライベート。

ここには以下の内容があります:

リポジトリの可視性について

リポジトリを作成するときに、リポジトリをパブリックにするかプライベートにするかを選択できます。 Enterprise アカウントが所有する Organization 、リポジトリを内部にすることもできます。

GitHub Enterprise Server インスタンス はプライベートモードでもファイアウォールの内側にいるわけでもありません。リポジトリにはインターネット上のすべての人がアクセスできます。それ以外の場合、外部のコラボレータを含め、GitHub Enterprise Server インスタンス を使用するすべてのユーザがパブリックリポジトリを利用できます。プライベートリポジトリにアクセスできるのは、自分と共有しているユーザだけです。 内部リポジトリは、Enterprise アカウントの メンバーにアクセスできます。 詳しい情報については、「内部リポジトリについて」を参照してください。

Organization のオーナーは、Organization 内で作成されたすべてのリポジトリにいつでもアクセスできます。 詳細は「Organization のリポジトリ権限レベル」を参照してください。

リポジトリの管理者権限を持つユーザは、既存のリポジトリの可視性を変更できます。 詳細は「リポジトリの可視性を設定する」を参照してください。

インターナルリポジトリについて

メモ: インターナルリポジトリは、GitHub Enterprise Cloud及びGitHub Enterprise Server 2.20+で利用できます。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

インターナルリポジトリを使って、インスタンス内での「インナーソース」を実践できます。 インスタンス内の任意のOrganizationのメンバーは、プライベートモードを無効化することもせず、プロプライエタリな情報をパブリックに共有することなく、オープンソースの方法論を用いてコラボレートできます。インナーソースに関する詳しい情報については、GitHubのホワイトペーパー「インナーソース入門」を参照してください。

すべてのOrganizationのメンバーは、内部リポジトリの読み取り権限を持ちますが、内部リポジトリはOrganizationのリポジトリ上の外部のコラボレータを含めOrganizationのメンバーではない人々には見えません。 詳しい情報については、「「Organization のリポジトリ権限レベル」を参照してください。

ユーザが

インスタンスのすべての Organization から削除されると、そのユーザの内部リポジトリのフォークは自動的に削除されます。

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください