ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2021-02-11. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

READMEについて

リポジトリにREADMEファイルを追加して、そのプロジェクトがなぜ有益なのか、そのプロジェクトで何ができるか、そのプロジェクトをどのように使えるかを他者に伝えることができます。

ここには以下の内容があります:

READMEについて

README ファイルをリポジトリに追加して、プロジェクトに関する重要な情報を伝えることができます。 README は、リポジトリライセンス 、コントリビューションガイドライン とともに、プロジェクトへの要望を伝え、コントリビューションの管理を支援します。

プロジェクトのガイドラインの提供方法の詳細については、「健全なコントリビューションのためのプロジェクトの設定」を参照してください。

多くの場合、READMEはリポジトリへの訪問者が最初に目にするアイテムです。 通常、README ファイルには以下の情報が含まれています:

  • このプロジェクトが行うこと
  • このプロジェクトが有益な理由
  • このプロジェクトの使い始め方
  • このプロジェクトに関するヘルプをどこで得るか
  • このプロジェクトのメンテナンス者とコントリビューター

README ファイルをリポジトリのルート、docs、または隠れディレクトリ .github に置けば、GitHub Enterprise Server はそれを認識して自動的に README をリポジトリへの訪問者に提示します。

github/scientistリポジトリのメインページとそのREADMEファイル

多くのプロジェクトは、README の先頭にある目次を使ってユーザをファイル中のさまざまなセクションへ誘導します。 セクションのヘッディング上にカーソルを移動させてリンクを表示させることにより、表示されたファイル中のセクションに対して直接リンクできます。

github/scientistリポジトリのREADMEファイル内のセクションリンク

表示されたファイル中で相対リンクと画像パスを定義して、読者がリポジトリ中の他のファイルにアクセスしやすくできます。

相対リンクは、現在のファイルに対する相対的なリンクです。 たとえばREADMEファイルをリポジトリのルートに置いていて、別のファイルをdocs/CONTRIBUTING.mdに置いているなら、READMeファイル中のCONTRIBUTING.mdへの相対リンクは以下のようになります。

[このプロジェクトへのコントリビューションガイドライン](docs/CONTRIBUTING.md)

GitHub Enterprise Serverは相対リンクあるいは画像パスを、現在のブランチに基づいて変換するので、リンクやパスは常にうまく働きます。 ./../といった相対リンクのオペランドはすべて利用できます。

相対リンクは、リポジトリをクローンするユーザにも扱いやすいです。 絶対リンクはリポジトリのクローンではうまく働かないかもしれません。リポジトリ内の他のファイルを参照するには、相対リンクを使うことをおすすめします。

参考リンク