ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

ブランチ制限について

Organization に属するリポジトリ内のブランチは、特定のユーザ、チーム、またはアプリのみがブランチにプッシュできるように設定できます。

保護されたブランチは、GitHub Free 及びGitHub FreeのOrganizationではパブリックリポジトリでのみ使用でき、GitHub Pro、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server ではパブリックおよびプライベートリポジトリで使用できます。 ブランチの制限は、パブリック及びGitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise ServerのOrganizationが所有するプライベートリポジトリで利用できる種類のブランチ保護です。

Did this doc help you?

ブランチ制限を有効化している場合、権限を与えられたユーザ、チーム、またはアプリのみが、保護されたブランチにプッシュできます。 詳細については、「ブランチ制限の有効化」と「保護されたブランチについて 」を参照してください。 保護されたブランチの設定では、保護されたブランチへのプッシュアクセスを持つユーザ、チーム、またはアプリを表示および編集できます。

保護されたブランチをへのプッシュアクセスを与えられる対象は、リポジトリへの書き込みアクセスを持つユーザ、チーム、またはインストールされたアプリGitHub Appsのみです。

リポジトリに対する管理者権限を持つ人とアプリは、保護されたブランチに常にプッシュできます。

注釈: [Include administrators] が選択されていて、ブランチでステータスチェック必須にしており、かつステータスチェックが失敗した場合は、管理者権限を持つ人やアプリであっても、保護されたブランチに変更をプッシュしようとすれば失敗することになります。 詳しい情報については、「ステータスチェック必須の有効化」を参照してください。

参考リンク

Did this doc help you?