ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2021-02-11. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

必須ステータスチェックのトラブルシューティング

You can check for common errors and resolve issues with required status checks.

Protected branches are available in public repositories with GitHub Free and GitHub Free for organizations, and in public and private repositories with GitHub Pro, GitHub Team, GitHub Enterprise Cloud, and GitHub Enterprise Server.

If you have a check and a status with the same name, and you select that name as a required status check, both the check and the status are required. 詳しい情報については、「チェック」を参照してください。

After you enable required status checks, your branch may need to be up-to-date with the base branch before merging. これによって、ブランチがベースブランチからの最新のコードでテストされたことが保証されます。 ブランチが古い場合、ベースブランチをブランチにマージする必要があります。 詳しい情報については保護されたブランチについてを参照してください。

注釈: Git リベースを使用してブランチをベースブランチに対して最新にすることもできます。 詳しい情報については、「Git リベースについて」を参照してください。

必須ステータスチェックにすべてパスするまでは、ローカルでの変更を保護されたブランチにプッシュすることはできません。 その代わりに、以下のようなエラーメッセージが返されます.

remote: error: GH006: Protected branch update failed for refs/heads/main.
remote: error: Required status check "ci-build" is failing

Note: Pull requests that are up-to-date and pass required status checks can be merged locally and pushed to the protected branch. これはマージコミット自体でステータスチェックを実行せずに行えます。