ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
記事のバージョン: Enterprise Server 2.20

Increasing storage capacity

You can increase or change the amount of storage available for Git repositories, databases, search indexes, and other persistent application data.

ここには以下の内容があります:

警告: 新しいリソースの割り当てプロセスは、仮想化プラットフォームやリソースの種類によって様々です。 重要なシステムリソースのモニタリングとアラートは、必ず設定しておいてください。 詳しい情報については「GitHub Enterprise Serverアプライアンスのモニタリング」を参照してください。

As more users join GitHub Enterprise Server インスタンス, you may need to resize your storage volume. Refer to the documentation for your virtualization platform for information on resizing storage.

Requirements and recommendations

Note: Before resizing the user storage volume, put your instance in maintenance mode. For more information, see "Enabling and scheduling maintenance mode."

GitHub Enterprise Server インスタンスで使用するユーザライセンス数に基づくハードウェア構成をおすすめします。 |

ユーザライセンスvCPUsメモリアタッチされたストレージルートストレージ
トライアル、デモ、あるいは10人の軽量ユーザ216 GB100 GB200 GB
10-3000432 GB250 GB200 GB
3000-5000864 GB500 GB200 GB
5000-80001296 GB750 GB200 GB
8000-10000+16128 GB1000 GB200 GB

以下に最小の推奨構成を示します。 ユーザのアクティビティや他の製品との結合といった利用方法によっては、さらに多くのリソースが必要になることがあります。 CPUリソースを増加させる場合には、GitHub Enterprise Serverインスタンスに追加されるCPUごと(最大で16CPU)に少なくとも6.5GBのメモリを追加することをおすすめします。 詳しい情報については、「CPUあるいはメモリリソースの追加」を参照してください。

Increasing the data partition size

  1. Resize the existing user volume disk using your virtualization platform's tools.
  2. GitHub Enterprise Server インスタンスにSSHでアクセスしてください。
    $ ssh -p 122 admin@HOSTNAME
  3. Put the appliance in maintenance mode. For more information, see "Enabling and scheduling maintenance mode."
  4. Reboot the appliance to detect the new storage allocation.
  5. Run the ghe-storage-extend command to expand the /data filesystem:
    $ ghe-storage-extend

Increasing the root partition size using a new appliance

  1. Set up a new GitHub Enterprise Server instance with a larger root disk using the same version as your current appliance. For more information, see "Setting up a GitHub Enterprise Server instance."
  2. Shut down the current appliance.
  3. Detach the data disk from the current appliance using your virtualization platform's tools.
  4. Attach the data disk to the new appliance with the larger root disk.

Increasing the root partition size using an existing appliance

  1. Attach a new disk to your GitHub Enterprise Server appliance.
  2. Run the parted command to format the disk:
    $ sudo parted /dev/xvdg mklabel msdos
    $ sudo parted /dev/xvdg mkpart primary ext4 0% 50%
    $ sudo parted /dev/xvdg mkpart primary ext4 50% 100%
  3. Run the ghe-upgrade command to install a full, platform specific package to the newly partitioned disk. A universal hotpatch upgrade package, such as github-enterprise-2.11.9.hpkg, will not work as expected.
    $ ghe-upgrade PACKAGE-NAME.pkg -s -t /dev/xvdg1
  4. Shut down the appliance.
  5. In the hypervisor, remove the old root disk and attach the new root disk at the same location as the old root disk.
  6. Start the appliance.

担当者にお尋ねください

探しているものが見つからなかったでしょうか?

弊社にお問い合わせください