ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となりました: 2021-02-11. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

アウトバウンドのWebプロキシサーバの設定

プロキシサーバは、your GitHub Enterprise Server instanceに追加のセキュリティのレベルをもたらしてくれます。

your GitHub Enterprise Server instance に対してプロキシサーバーが有効である場合、送信先ホストが HTTP プロキシ除外として追加されていない限り、GitHub Enterprise Server によって送信されたアウトバウンドメッセージがプロキシサーバーを経由してまず最初に送信されます。 アウトバウンドのメッセージの種類には、webhook、Bundleのアップロード、レガシーのアバターのフェッチが含まれます。 プロキシサーバのURLは、たとえばhttp://127.0.0.1:8123といったように、プロトコル、ドメインもしくはIPアドレスにポート番号を加えたものです。

メモ: your GitHub Enterprise Server instance を GitHub.com に接続するには、github.comapi.github.com への接続がプロキシ設定で許可されている必要があります。 詳細は「GitHub Enterprise Server を GitHub.com に接続する」を参照してください。

  1. From an administrative account on GitHub Enterprise Server, click in the upper-right corner of any page.

    サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン

  2. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。

    左のサイドバーのManagement Consoleタブ

  3. 左のサイドバーでPrivacy(プライバシー)をクリックしてください。

    設定サイドバーのプライバシータブ

  4. HTTP Proxy Server(HTTPプロキシサーバ)の下に、プロキシサーバのURLを入力してください。

    HTTP プロキシサーバーのURLを入力するためのフィールド

  5. オプションで、プロキシのアクセスを要しないホストがあればHTTP Proxy Exclusion(HTTPプロキシの除外)の下にカンマ区切りで入力してください。 To exclude all hosts in a domain from requiring proxy access, you can use . as a wildcard prefix. For example: .octo-org.tentacle

    HTTP プロキシの除外を入力するためのフィールド

  6. 左のサイドバーの下でSave settings(設定の保存)をクリックしてください。

    Management Console での [Save settings] ボタン

  7. 設定が完了するのを待ってください。