Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-06-29. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

Git の使用

Git を使用して、コンピューターから GitHub Enterprise Server リポジトリを管理します。

Git について

バージョン管理システム、Git、GitHub Enterprise Server での動作のしくみについて学びます。

コミットをリモートリポジトリにプッシュする

ローカル ブランチで実行されたコミットをリモート リポジトリにプッシュするには、git push を使用します。

リモートリポジトリから変更を取得する

一般的な Git コマンドを使用して、リモートリポジトリにアクセスできます。

non-fast-forward エラーの扱い

時として、Git はリモートリポジトリへの変更の際、コミットに失敗することがあります。 その場合、プッシュが拒否されます。

サブフォルダを新規リポジトリに分割する

Git リポジトリ内のフォルダを、全く新しいリポジトリに変更できます。

Gitのサブツリーのマージについて

複数のプロジェクトを単一のリポジトリで管理する必要がある場合、 "サブツリー マージ" を使ってすべての参照を扱うことができます。

Git リベースについて

git rebase コマンドを使えば、一連のコミットを容易に修正し、リポジトリの履歴を変更できます。 コミットの順序を変更したり、編集したり、まとめて squash できます。

コマンドラインで Git リベースを使う

コマンドラインで git rebase を使うための短いチュートリアルです。

Git リベース後のマージコンフリクトを解決する

git rebase 操作を実行するときに、通常ではコミットを移動しています。 このため、マージコンフリクトが発生する状況に陥る可能性があります。 つまり、同じファイルで 2 つのコミットにより同じ行が変更されたため、Git はどちらの変更を適用するのかわからないということです。

ブランチとタグの名前に含まれる特殊文字の処理

Git は、ブランチとタグの名前で許可される文字について非常に制限が少ないです。 コマンド ライン シェルから Git を使用する場合は、特殊文字をエスケープまたは引用符で囲む必要があることがあります。