Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-06-29. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

プロフィールの設定

プロフィールで、自分についておよび、関心のある分野を紹介します。

プロフィールについて

GitHub のプロフィール ページで、他のユーザーが自分の詳細を確認できます。 プロフィールでは、次のことができます。

  • 関心、スキルの共有
  • プロジェクトとコントリビューションの紹介
  • 身分証明書を提示します。

このチュートリアルでは、プロフィール画像、略歴、プロフィール README を追加して、プロフィールをカスタマイズする方法について説明します。

また、Markdown 構文の基本についても学習します。これは、GitHub で行うすべての書き込みの書式設定でに使用します。

前提条件

  • GitHub アカウントを所持している必要があります。

プロフィール画像と略歴の追加

まず、プロフィールに画像を追加します。 プロフィール画像は、GitHub Enterprise Server 全体であなたを識別するのに役立ちます。

プロフィール画像の追加

  1. 任意のページで、右上隅にあるプロフィールのアバターをクリックた後、ドロップダウン メニューで [設定] をクリックします。

  2. [プロファイル画像] で、 [編集] を選び、 [写真のアップロード...] をクリックします。

    ユーザー アカウントの設定の [パブリック プロファイル] セクションのスクリーンショット。 鉛筆アイコンと[編集]というラベルの付いたボタンが、濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  3. 画像を選び、 [アップロード] をクリックします。

  4. 画像をクロッピングします。

  5. [新しいプロファイル画像を設定する] をクリックします。

次に、他の GitHub Enterprise Server と共有するための、自分に関する基本情報を追加します。 この情報は、プロフィール ページのプロフィール画像の下に表示されます。

略歴の追加

  1. プロフィール ページで、プロフィール画像の下にある [プロフィールの編集] をクリックします。

  2. [略歴] で、自分自身について、何を行うかなど、自分に関する 1 つまたは 2 つの文を記述します。

    ノート: 略歴は簡潔に書きましょう。以下のセクションでは、関心のある情報について詳しい説明をプロフィール README に追加します。

  3. 略歴に絵文字を追加するには、[絵文字チート シート] にアクセスし、絵文字をコピーして [略歴] ダイアログ ボックスに貼り付けます。

  4. 必要に応じて、 職場およびその場所とタイムゾーン を追加します。

  5. [保存] をクリックします。

プロフィールの README を追加する

次に、プロファイル ページに直接表示される特別なリポジトリと README ファイルを作成します。

プロファイル README には、興味、スキル、背景などの情報があり、GitHub Enterprise Server で他のユーザーに自己紹介し、作業内容を紹介するのに最適な方法です。

Hello World」チュートリアルで学習したように、README.md ファイルは、プレーンテキストの書式設定方法である Markdown 構文(.md ファイル拡張子に注意)を使用して記述します。

次の手順では、プロフィール README を作成して編集します。

手順 1: プロフィール README 用の新しいリポジトリを作成する

  1. ページの右上隅で を選択し、 [新しいリポジトリ] をクリックします。

    新しいアイテムを作成するオプションを示す GitHub ドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [新しいリポジトリ] というメニュー項目が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  2. [Repository name] の下に、GitHub のユーザ名とマッチするリポジトリ名を入力します。 たとえば、ユーザ名が「octocat」の場合、リポジトリ名は「octocat」である必要があります。

  3. 必要に応じて、[説明] フィールドにリポジトリの説明を入力します。 たとえば、「個人リポジトリ」などです。

  4. [パブリック] を選択します。

  5. [Initialize this repository with a README] (このレポジトリを README で初期化する) を選択します。

  6. [Create repository] (リポジトリの作成) をクリックします。

手順 2: README.md ファイルを編集する

  1. プロファイルの README の横にある をクリックします。

    @octocat のプロファイルの README のスクリーンショット。 鉛筆アイコンが濃いオレンジで囲まれています。

  2. [編集] ビューには、作業を開始するための事前設定されたテキストが表示されます。 1 行目で、### Hi there というテキストを削除し、# About me を入力します。

    • Markdown 構文では、### はプレーン テキストを小さい ("第 3 レベル") 見出しとしてレンダリングし、### はそれぞれ、第 2 レベルと第 1 レベルの見出しをレンダリングします。
  3. [プレビュー] に切り替えて、プレーン テキストがどのようにレンダリングされるかを確認します。 新しいテキストは、はるかに大きな見出しとして表示されます。

  4. [編集] ビューに戻ります。

  5. 3 行目と 16 行目を削除します。

    • この HTML 構文 (例: <!--) は、[プレビュー] に切り替えたときに他の行を非表示にしています。
  6. 8 行目から 15 行目のプロンプトの一部を完了し、不要な行を削除します。 たとえば、関心、スキル、趣味、自分に関する豆知識などを追加します。

  7. 次に、[プレビュー] に切り替えます。 記入したプロンプトが箇条書きとして表示されます。

  8. [編集] に戻り、プロフィールに表示しない他のテキスト行を削除します。

  9. プロフィール README のカスタマイズと編集を続けます。

手順 3: プロフィールの変更を公開する

  1. [プレビュー] で表示されるプロフィール README に問題がなく、発行する準備ができたら、[変更のコミット] をクリックします。
  2. 開いたダイアログ ボックスで、もう一度 [変更のコミット] をクリックします。
  3. プロフィールページに戻ります。 プロフィールに新しいプロフィール README が表示されます。

次のステップ

参考資料