Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2024-06-29. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

ダイアグラムの作成

図を作成して、チャートとグラフを使って情報を伝えます

ダイアグラムの作成について

Markdown では、Mermaid、geoJSON と topoJSON、ASCII STL の 3 つの異なる構文を使用してダイアグラムを作成できます。 ダイアグラムのレンダリングは、GitHub Issues、GitHub Discussions、pull request、Wiki、Markdown ファイルで利用できます。

Mermaid ダイアグラムの作成

Mermaid は、テキストをダイアグラムにレンダリングする、マークダウンから着想を得たツールです。 たとえば、Mermaid ではフローチャート、シーケンス図、円グラフなどをレンダリングできます。 詳細については、Mermaid のドキュメントを参照してください。

Mermaid ダイアグラムを作成するには、mermaid 言語識別子をもつコード ブロック内に Mermaid 構文を追加します。 コード ブロックの作成について詳しくは、「コードブロックの作成と強調表示」をご覧ください。

たとえば、値と矢印を指定してフロー チャートを作ることができます。

Here is a simple flow chart:

```mermaid
graph TD;
    A-->B;
    A-->C;
    B-->D;
    C-->D;
```

レンダリングされた Mermaid フロー チャートのスクリーンショット。4 つの薄紫色のボックスに A、B、C、D のラベルが付いています。矢は A から B に、B から D に、A から C に、C から D に延びています。

: GitHub で Mermaid 構文を使用しているときに、サードパーティの Mermaid プラグインを実行すると、エラーが発生する可能性があります。

GeoJSON マップと TopoJSON マップの作成

GeoJSON または TopoJSON 構文を使うと、対話型マップを作成できます。 マップを作成するには、フェンス コード ブロック内に GeoJSON または TopoJSON を、geojson または topojson 構文識別子と共に追加します。 詳しくは、「コードブロックの作成と強調表示」を参照してください。

対話型マップを表示するには、サイト管理者が お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス の機能を構成する必要があります。 詳しくは、「対話型マップの構成」を参照してください。

GeoJSON の使用

たとえば、座標を指定して地図を作ることができます。

```geojson
{
  "type": "FeatureCollection",
  "features": [
    {
      "type": "Feature",
      "id": 1,
      "properties": {
        "ID": 0
      },
      "geometry": {
        "type": "Polygon",
        "coordinates": [
          [
              [-90,35],
              [-90,30],
              [-85,30],
              [-85,35],
              [-90,35]
          ]
        ]
      }
    }
  ]
}
```

米国東南部をレンダリングした GeoJSON 地図のスクリーンショット。紫色の四角いオーバーレイがアラバマとミシシッピに掛かっています。

TopoJSON の使用

たとえば、座標を形を指定して TopoJSON 地図を作ることができます

```topojson
{
  "type": "Topology",
  "transform": {
    "scale": [0.0005000500050005, 0.00010001000100010001],
    "translate": [100, 0]
  },
  "objects": {
    "example": {
      "type": "GeometryCollection",
      "geometries": [
        {
          "type": "Point",
          "properties": {"prop0": "value0"},
          "coordinates": [4000, 5000]
        },
        {
          "type": "LineString",
          "properties": {"prop0": "value0", "prop1": 0},
          "arcs": [0]
        },
        {
          "type": "Polygon",
          "properties": {"prop0": "value0",
            "prop1": {"this": "that"}
          },
          "arcs": [[1]]
        }
      ]
    }
  },
  "arcs": [[[4000, 0], [1999, 9999], [2000, -9999], [2000, 9999]],[[0, 0], [0, 9999], [2000, 0], [0, -9999], [-2000, 0]]]
}
```

インドネシア西部とシンガポールとマレーシアの一部をレンダリングした TopoJSON 地図のスクリーンショット。青色点、紫色の四角いオーバーレイ、青色のジグザグの線があります。

.geojson.topojson ファイルの使用について詳しくは、「非コード ファイルの操作」をご覧ください。

STL 3D モデルの作成

マークダウンで ASCII STL 構文を直接使用して、対話型の 3D モデルを作成できます。 モデルを表示するには、コード ブロック内に ASCII STL 構文を、stl 構文識別子と共に追加します。 詳しくは、「コードブロックの作成と強調表示」を参照してください。

たとえば、シンプルな 3D モデルを作成できます。

```stl
solid cube_corner
  facet normal 0.0 -1.0 0.0
    outer loop
      vertex 0.0 0.0 0.0
      vertex 1.0 0.0 0.0
      vertex 0.0 0.0 1.0
    endloop
  endfacet
  facet normal 0.0 0.0 -1.0
    outer loop
      vertex 0.0 0.0 0.0
      vertex 0.0 1.0 0.0
      vertex 1.0 0.0 0.0
    endloop
  endfacet
  facet normal -1.0 0.0 0.0
    outer loop
      vertex 0.0 0.0 0.0
      vertex 0.0 0.0 1.0
      vertex 0.0 1.0 0.0
    endloop
  endfacet
  facet normal 0.577 0.577 0.577
    outer loop
      vertex 1.0 0.0 0.0
      vertex 0.0 1.0 0.0
      vertex 0.0 0.0 1.0
    endloop
  endfacet
endsolid
```

レンダリングした操作可能な 3D モデルのスクリーンショット。白い地面上の黒線グリッドの上に青いピラミッドがあります。 [ワイヤーフレーム]、[表面角]、[固体] を選ぶオプションが下に表示されます。

.stl ファイルの使用について詳しくは、「非コード ファイルの操作」をご覧ください。