Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となります: 2023-12-20. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

Teamのコードレビュー設定の管理

TeamがPull Requestのレビューをリクエストされた際の通知を制限することによって、Teamのノイズを減らすことができます。

この機能を使用できるユーザー

Team maintainers and organization owners can configure code review settings.

コード レビューの設定は、組織によって所有されるすべてのパブリック リポジトリ、および GitHub Team、GitHub Enterprise Server、および GitHub Enterprise Cloud の組織によって所有されるすべてのプライベート リポジトリで利用できます。 詳しくは、「GitHub のプラン」を参照してください。

コードレビューの設定について

Team のノイズを減らし、pull request レビューに対する個人の責任を明確にするには、コード レビュー設定を構成します。

  • Teamの通知
  • 自動割り当て

Team通知について

リクエストされたTeamメンバーにのみ通知されるようにした場合、TeamにPull Requestのレビューがリクエストされても、そのTeam内の特定のメンバーにもレビューがリクエストされていたなら、Team全体への通知送信は無効化されることになります。 これは、リポジトリでTeamがコードオーナーとして設定されているものの、しばしば特定の個人が自分たちのPull Requestに対する適切なコードレビュー担当者となるだろうことをリポジトリのコントリビューターたちが知っている場合に、特に役立ちます。 詳しくは、「コードオーナーについて」を参照してください。

自動割り当てについて

自動割り当てを有効化すると、TeamがPull Requestのレビューをリクエストされた場合、そのチームはレビュー担当者から外され、指定されたTeamメンバーの一部がそのTeamの代わりに割り当てられます。 コードレビューの割り当てでは、Team がレビューをリクエストされたとき、Team の全体に通知するか、Team メンバーのサブセットのみに通知するかを決めることができます。

コードオーナーが自動的にレビューをリクエストされた場合でも、ブランチ保護ルールがコードオーナーからのレビューを必須として設定されていないかぎり、やはりTeamは外され、個人に置き換えられます。 そういったブランチ保護ルールがある場合、Team 要求は削除できないので、Team に追加される形式で個々の要求が表示されます。 レビューが完了すると、Team は削除されます。

ルーティングアルゴリズム

コードレビューの割り当てでは、2 つの可能なアルゴリズムのいずれかに基づいて、レビュー担当者が自動的に選択されて割り当てられます。

ラウンドロビンアルゴリズムは、現在未処理のレビューの数とは関係なく、Team のすべてのメンバー間で交互に、最も新しいレビューリクエストを誰が受け取ったかに基づいてレビュー担当者を選択します。

ロードバランスアルゴリズムは、各メンバーの最近のレビューリクエスト合計数に基づいてレビュー担当者を選択し、メンバーごとの未処理レビューの数を考慮します。 ロードバランスアルゴリズムは、各 Teamメンバーが 30 日間に等しい数のプルリクエストをレビューすることを保証しようとします。

ステータスを"Busy"に設定したTeamメンバーは、レビューに選択されません。 すべてのTeamメンバーがBusyの場合、Pull RequestはTeam自体に割り当てられたままになります。 ユーザーのステータスの詳しい情報については、「プロフィールをパーソナライズする」を参照してください。

Team通知の設定

  1. GitHub Enterprise Server の右上隅にあるプロファイル写真を選択し、次に自分の組織をクリックします。

    @octocat のプロファイル写真の下にあるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [Your organizations] (自分の組織) が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  2. Organizationの名前をクリックしてください。

  3. Organization 名の下で、 [Teams] をクリックします。

    組織の水平ナビゲーション バーのスクリーンショット。 人のアイコンと [チーム] というラベルのタブが、濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  4. チームの名前をクリックします。

  5. Team ページの上部にある [設定] をクリックします。

    チームのページのヘッダーのスクリーンショット。 歯車アイコンと [設定] というラベルがついたタブがオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  6. 左側のサイドバーで、 [コード レビュー] をクリックします。

  7. [要求されたチーム メンバーのみに通知する] をオンにします。

  8. [変更を保存] をクリックします。

自動割り当ての設定

  1. GitHub Enterprise Server の右上隅にあるプロファイル写真を選択し、次に自分の組織をクリックします。

    @octocat のプロファイル写真の下にあるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [Your organizations] (自分の組織) が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  2. Organizationの名前をクリックしてください。

  3. Organization 名の下で、 [Teams] をクリックします。

    組織の水平ナビゲーション バーのスクリーンショット。 人のアイコンと [チーム] というラベルのタブが、濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  4. チームの名前をクリックします。

  5. Team ページの上部にある [設定] をクリックします。

    チームのページのヘッダーのスクリーンショット。 歯車アイコンと [設定] というラベルがついたタブがオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  6. 左側のサイドバーで、 [コード レビュー] をクリックします。

  7. [自動割り当てを有効にする] を選びます。

  8. [レビューに割り当てる必要があるチーム メンバーの数] のドロップダウン メニューを選び、各 pull request に割り当てるレビュー担当者の数を選びます。

  9. [ルーティング アルゴリズム] のドロップダウン メニューで、使用するアルゴリズムを選びます。 詳しい情報については、「ルーティング アルゴリズム」を参照してください。

  10. 必要に応じて、Team の特定のメンバーを常にスキップするには、 [特定の Team メンバーを割り当てない] を選びます。 次に、スキップする 1 つ以上の Team メンバーを選択します。

  11. 必要に応じて、リクエストを割り当てるときに、レビュー担当者となる可能性がある子 Team のメンバーを含めるには、 [子 Team メンバー] を選びます。

  12. 必要に応じて、割り当てるメンバーの合計人数に対して、自分のレビューが既にリクエストされているメンバーを数えるには、 [既存のリクエストを数える] を選びます。

  13. 必要に応じて、Team メンバーを割り当てるときに、Team からレビュー リクエストを削除するには、 [Team レビュー リクエスト] を選びます。

  14. [変更を保存] をクリックします。

自動割り当ての無効化

  1. GitHub Enterprise Server の右上隅にあるプロファイル写真を選択し、次に自分の組織をクリックします。

    @octocat のプロファイル写真の下にあるドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [Your organizations] (自分の組織) が濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  2. Organizationの名前をクリックしてください。

  3. Organization 名の下で、 [Teams] をクリックします。

    組織の水平ナビゲーション バーのスクリーンショット。 人のアイコンと [チーム] というラベルのタブが、濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

  4. チームの名前をクリックします。

  5. Team ページの上部にある [設定] をクリックします。

    チームのページのヘッダーのスクリーンショット。 歯車アイコンと [設定] というラベルがついたタブがオレンジ色の枠線で強調表示されています。

  6. [自動割り当てを有効にする] をオフにします。

  7. [変更を保存] をクリックします。