Skip to main content

コード品質保証機能を使ってリポジトリでコラボレーションする

状態、pre-receive フック、保護されたブランチ、必須の状態チェックなどのワークフローの品質保証機能は、コラボレーターが組織やリポジトリの管理者が設定した条件に合うようにコントリビューションを行うために役立ちます。
  • About status checks

    Status checks let you know if your commits meet the conditions set for the repository you're contributing to.

  • Pre-receive フックを使って作業する

    "Pre-receive フック" は、コミットがリポジトリにプッシュされる前に、コントリビューションに対するルールを強制します。