Skip to main content

プルリクエストを自動的にマージする

プルリクエストの自動マージを有効にすると、すべてのマージ要件が満たされたときにプルリクエストが自動的にマージされるようになり、開発速度を上げることができます。

Pull Requestの自動マージは、GitHub Free及びOrganizationのGitHub Freeのパブリックリポジトリ、GitHub Pro、GitHub Team、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Serverのパブリック及びプライベートリポジトリで利用できます。

自動マージについて

pull request の自動マージが有効になっている場合は、必要なすべてのレビューが満たされ、必要なすべてのステータス チェックが合格すると、その pull request によって自動的にマージが行われます。 自動マージにより、要件が満たされるのを待つ必要がなくなるため、他のタスクに進むことができます。

プルリクエストで自動マージを使用する前に、リポジトリで自動マージを有効にする必要があります。 詳細については、「リポジトリ内の pull request の自動マージを管理する」を参照してください。

プルリクエストの自動マージを有効にした後、リポジトリへの書き込み権限を持たないユーザがプルリクエストの head ブランチに新しい変更をプッシュするか、プルリクエストのベースブランチを切り替えると、自動マージは無効になります。 たとえば、メンテナーがフォークからの pull request の自動マージを有効にした場合、コントリビューターが pull request に新しい変更をプッシュすると、自動マージは無効になります。

自動マージに関するフィードバックは GitHub Community ディスカッションを通じて提供できます。

自動マージの有効化

: 自動マージを有効にするオプションは、すぐにマージできない pull request でのみ表示されます。 たとえば、ブランチ保護のルールが「マージの前にPull Requestレビューが必須」あるいは「マージの前にステータスチェックをパスすることが必須」を求めるものの、これらの条件がまだ満たされていない場合です。 詳細については、「ブランチ保護ルールを管理する」を参照してください。

リポジトリへの書き込み権限を持つユーザは、プルリクエストの自動マージを有効化できます。

  1. On your GitHub Enterprise Server instance, navigate to the main page of the repository. 1. リポジトリ名の下にある [pull request] をクリックします。 [pull request] タブの選択
  2. [Pull Requests] リストで、自動マージするプルリクエストをクリックします。
  3. 必要に応じて、マージ方法を選択するには、 [Enable auto-merge] ドロップダウンメニューを選択してから、マージ方法をクリックします。 詳細については、「pull request のマージについて」を参照してください。 "Enable auto-merge" ドロップダウン メニュー
  4. [Enable auto-merge] をクリックします。 自動マージを有効にするボタン
  5. マージまたはスカッシュしてマージのメソッドを選択した場合は、コミット メッセージと説明を入力します。 コミット メッセージと説明を入力するフィールド
  6. [Confirm auto-merge] をクリックします。

自動マージの無効化

リポジトリへの書き込み権限を持つユーザと、プルリクエストの作者であるユーザは、プルリクエストの自動マージを無効化できます。

  1. On your GitHub Enterprise Server instance, navigate to the main page of the repository. 1. リポジトリ名の下にある [pull request] をクリックします。 [pull request] タブの選択
  2. [Pull Requests] リストで、自動マージを無効化するプルリクエストをクリックします。
  3. マージ ボックスで、 [Confirm auto-merge] をクリックします。 自動マージを無効化するボタン