Skip to main content

Migrating to the Container registry from the Docker registry

An enterprise owner can migrate Docker images previously stored in the Docker registry on your GitHub Enterprise Server instance to the Container registry.

: Container registry は GitHub Enterprise Server に対して現在ベータ版であり、変更される可能性があります。

Container registry を使うには、GitHub Packages と Subdomain Isolation の両方を有効にする必要があります。 詳しくは、「コンテナー レジストリを操作する」をご覧ください。

About the Container registry

Container registry は、Organization または個人アカウント内にコンテナー イメージを格納し、イメージをリポジトリに関連付けることができます。 権限をリポジトリから継承するか、リポジトリとは別に細かい権限を設定するかを選ぶことができます。 パブリック コンテナー イメージに匿名でアクセスすることもできます。 For more information, see "Working with the Container registry."

About migration from the Docker registry

Container registry は、GitHub の Docker レジストリに置き換えられます。 If you've stored Docker images in the Docker registry, an enterprise owner will gradually migrate the images to the Container registry. No action is required on your part.

Note: GitHub Enterprise Server 3.6 では、Organization に格納されている Docker イメージの移行がサポートされています。 今後のリリースでは、ユーザー所有のイメージの移行がサポートされます。 For more information about finding the version of GitHub Enterprise Server that you use, see "About versions of GitHub Docs."

After a Docker image has been migrated to the Container registry, you'll see the following changes to the details for the package.

  • The icon will be the Container registry logo instead of the Docker logo.
  • The domain in the pull URL will be containers.HOSTNAME instead of docker.HOSTNAME.

Docker レジストリ、docker.HOSTNAME の名前空間を使用するあらゆるスクリプトまたは GitHub Actions ワークフローは、containers.HOSTNAME の Container registry に移行した後も引き続き動作します。

Further reading