Skip to main content

OpenStack KVM で GitHub Enterprise Server をインストールする

GitHub Enterprise Server を OpenStack KVM 上にインストールするには、OpenStack にアクセスでき、GitHub Enterprise Server QCOW2 イメージをダウンロードすることが必要です。

前提条件

ハードウェアに関する考慮事項

最小要件

your GitHub Enterprise Server instanceのユーザライセンス数に応じた様々なハードウェア構成をおすすめします。 最小要件以上のリソースを提供すれば、インスタンスのパフォーマンスとスケーラビリティは向上します。

ユーザー ライセンスvCPU 数メモリストレージの接続ルート ストレージ
トライアル、デモ、あるいは10人の軽量ユーザ432 GB150 GB200 GB
10-3000848 GB300 GB200 GB
3000-50001264 GB500 GB200 GB
5000-80001696 GB750 GB200 GB
8000-10000+20160 GB1000 GB200 GB

インスタンスのユーザーに対して GitHub Actions を有効にする予定の場合は、さらに多くのリソースが必要です。

vCPU 数メモリ最大コンカレンシー
864 GB740 ジョブ
16128 GB1,250 ジョブ
32160 GB2,700 ジョブ
64256 GB4,500 ジョブ
96384 GB7,000 ジョブ

これらの要件の詳細については、「GitHub Enterprise Server の GitHub Actions の概要」を参照してください。

既存のインスタンスのリソースの調整の詳細については、「ストレージ容量の増加」および「CPU またはメモリ リソースの増加」を参照してください。

ストレージ

GitHub Enterprise Serverには、高い秒あたりの入出力操作(IOPS)と低いレイテンシを持つ高性能なSSDをおすすめします。 ワークロードはI/O集中的です。 ベアメタルのハイパーバイザを使用するなら、直接アタッチされたディスクか、ストレージエリアネットワーク(SAN)からのディスクを利用することをおすすめします。

インスタンスには、ルートディスクとは別の永続化用のデータディスクが必要です。 詳細については、「システムの概要」をご覧ください。

GitHub Actions を構成するには、外部 BLOB ストレージを指定する必要があります。 詳細については、「GitHub Enterprise Server の GitHub Actions の概要」を参照してください。

ルート ファイルシステム上の使用可能な領域は、ディスクの合計サイズの 50% です。 新しいインスタンスを構築するか、既存のインスタンスを利用して、インスタンスのルートディスクのサイズを変更できます。 詳細については、「システムの概要」および「ストレージ容量の増加」を参照してください。

CPU とメモリ

GitHub Enterprise Serverが必要とするCPU及びメモリリソースは、ユーザ、自動化、インテグレーションのアクティビティのレベルによります。

GitHub Enterprise Server インスタンスのユーザーに対して GitHub Actions を有効にする予定の場合は、インスタンスに追加の CPU とメモリ リソースをプロビジョニングする必要がある場合があります。 詳細については、「GitHub Enterprise Server の GitHub Actions の概要」を参照してください。

CPUリソースを増やす場合、インスタンスにプロビジョニングする各vCPUごとに少なくとも6.5GBのメモリを追加する(最大16vCPUまで)ことをおすすめします。 16以上のvCPUを使う場合は、各vCPUごとに6.5GBのメモリを追加する必要はありませんが、インスタンスが十分なメモリを持っているかをモニターするべきです。

警告: GitHub Enterprise Server 上のアクティビティを外部システムに通知する Webhook イベントを構成することをおすすめします。 変更の自動チェックまたは ポーリング は、インスタンスのパフォーマンスとスケーラビリティに悪影響を与えます。 詳細については、「Webhook について」を参照してください。

GitHub Enterprise Server の容量とパフォーマンスの監視の詳細については、「アプライアンスを監視する」を参照してください。

インスタンスのCPUあるいはメモリリソースは増やすことができます。 詳細については、「CPU またはメモリ リソースの増加」を参照してください。

GitHub Enterprise Server イメージをダウンロードする

  1. ライセンスをダウンロードします。 詳細については、GitHub Enterprise のライセンスのダウンロード」を参照してください。 1. 新しいインスタンスに使用するイメージに移動します。

    • [リリース ノート]に移動します。
    • 右側のサイドバーで、ダウンロードするバージョンをクリックします。
    • [GitHub Enterprise Server X.X.X のダウンロード] をクリックします。
  2. [GitHub オンプレミス]で、[ハイパーバイザーの選択] ドロップダウン メニューを選択し、[ **OpenStack KVM (QCOW2)]** をクリックします。

  3. [OpenStack KVM (QCOW2) のダウンロード] をクリックします。

GitHub Enterprise Server インスタンスを作成する

インスタンスを作成するには、GitHub Enterprise Server のイメージを仮想マシンにインポートし、インスタンスのデータ用に追加のストレージボリュームをアタッチしなければなりません。 詳細については、「ハードウェアに関する考慮事項」を参照してください。

  1. OpenStack Horizon で、ダウンロードした GitHub Enterprise Server のイメージをアップロードします。 手順については、OpenStack ガイド「イメージのアップロードと管理」の「イメージのアップロードと管理」セクションを参照してください。

  2. インスタンスデータ用にアタッチされるストレージボリュームとして使うための新しい仮想ディスクを作成し、サイズをユーザライセンス数に基づいて設定してください。 手順については、OpenStack ガイド「ボリュームの作成と管理」を参照してください。

  3. セキュリティグループを作成し、下の表の各ポートについて新しいセキュリティグループルールを追加してください。 手順については、OpenStack ガイド「インスタンスのアクセスとセキュリティを構成する」を参照してください。

    Portサービス説明
    22SSHGit over SSHのアクセス。 パブリック/プライベートリポジトリのクローン、フェッチ、プッシュ操作がサポートされています。
    25SMTP暗号化(STARTTLS)付きのSMTPサポート。
    80HTTPWebアプリケーションへのアクセス。 SSL が有効になっている場合、すべての要求は HTTPS ポートにリダイレクトされます。
    122SSHインスタンスのシェルへのアクセス。 既定の SSH ポート (22) は、アプリケーションの git+ssh ネットワーク トラフィック専用です。
    161/UDPSNMPネットワークモニタリングプロトコルの処理に必要。
    443HTTPSWebアプリケーション及びGit over HTTPSのアクセス。
    1194/UDPVPNHigh Availability設定でのセキュアなレプリケーションネットワークトンネル。
    8080HTTPプレーンテキストの Webベースの [Management Console]。 SSL を手動で無効にしない限り必要ありません。
    8443HTTPSセキュアな Webベースの [Management Console]。 基本的なインストールと設定に必要です。
    9418GitシンプルなGitプロトコルのポートです。 パブリックリポジトリのクローンとフェッチのみができます。 暗号化されていないネットワーク通信。 インスタンスでプライベートモードを有効化した場合、このポートをオープンする必要があるのは、匿名Git読み取りアクセスも有効化している場合のみです。 詳細については、「Enterprise でリポジトリ管理ポリシーを適用する」を参照してください。
  4. フローティングIPをインスタンスに関連づけることもできます。 使用しているOpenStackのセットアップによっては、フローティングIPをプロジェクトに割り当て、それをインスタンスに関連づける必要があるかもしれません、 そうする必要があるかどうかは、システム管理者に連絡を取って判断してください。 詳細については、OpenStack ドキュメントの「インスタンスへのフローティング IP アドレスの割り当て」を参照してください。

  5. これまでのステップで作成したイメージ、データ ボリューム、セキュリティ グループを使用して your GitHub Enterprise Server instance を起動してください。 手順については、OpenStack ガイド「インスタンスの起動と管理」を参照してください。

GitHub Enterprise Server インスタンスを設定する

  1. 仮想マシンのパブリックDNS名をコピーして、Webブラウザに貼り付けてください。 2. プロンプトでライセンスファイルをアップロードし、管理コンソールのパスワードを設定してください。 詳細については、「GitHub Enterprise のライセンスの管理」を参照してください。 3. [Management Console] で、目的の設定を構成して保存します。 詳細については、GitHub Enterprise Server アプライアンスの構成に関するページを参照してください。
  2. インスタンスは自動的に再起動します。 1. [Visit your instance](インスタンスにアクセスする) をクリックします。

参考資料